現代文学 日航ホテル金沢小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 日航ホテル金沢×
1
1
現代文学 連載中 短編 R15
小清水亨と中本悦子は、同じ中学で仲の良く、グループ交際をしていた。50年以上経ち、小清水は、眼科医の奥さんを癌で亡くし一人暮らしとなり、傷心旅行で石川県の温泉、金沢の旅行に出かけた。温泉につかっている時、昔、仲良かった中本悦子が、金沢の水道工事屋に嫁いだという事を思い出した。そこで無理を承知で、金沢で水道工事屋を探すと幸運にも探し出した。その後、泊まってるホテルに呼んで昔の話をした。すると彼女も最近、亭主を亡くし、もう一度、橫浜に戻りたいと語った。小説家になろうに重複投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 79,469 位 / 79,469件 現代文学 3,663 位 / 3,663件
文字数 49,951 最終更新日 2020.03.10 登録日 2020.02.29
1