経済・企業 吃音小説一覧

カテゴリ 経済・企業
タグ 吃音×
2
昔は仕事はほとんど、全て、人と接する仕事ばかりであり、学歴、頭の良さだけでは克服できないハンデがあった。その例が吃音。これが原因で自分の実力を発揮する以前にお客さんの印象を悪くしてしまう。こうなると、会社に居づらくなって退職というケースがあった。  この物語は主人公、夢想世之介が、吃音で明晰な頭脳と才能を持ちながら、世に出て自分の実力を発揮できず、どん底に落ち、そこから這い上がって、幸せをつかんでいく物語です。是非ご覧下さい。
24hポイント 0pt
小説 63,826 位 / 63,826件 経済・企業 163 位 / 163件
文字数 73,907 最終更新日 2019.12.15 登録日 2019.11.05
佐光俊充の家は成田市の旧家の百姓。猛勉強の末東京大学経済学部へ。  大学二年の時、金縛りにあい、見知らぬ所へ変な若者があらわれ、 何だ、その格好はと笑われた。若者は手に長細い縦長奇妙な物を手にし 見ていた。不思議そうすると笑われた。その後、若者にスマホの 原理を聞くと昔は大きなパソコンだったが、今これだけ小さいと 言った。その後、日本橋へ向かうと兜町から来る連中がヤフーが 1億円を超えたと叫んでるのを聞いた。それをメモすると石に つまづき倒れて意識戻った。やがて東大を卒業し大手銀行に入行。 吃音が原因で退社、その後は小説を是非、ご覧下さい。
24hポイント 0pt
小説 63,826 位 / 63,826件 経済・企業 163 位 / 163件
文字数 58,722 最終更新日 2019.10.14 登録日 2019.10.12
2