投稿小説(外部サイト)一覧

タグ 特殊能力×
4
1
恋愛 連載中 長編
幸運をもたらすテラリウム。精霊の住まう奇跡の箱庭。その作り手として名を残すことになるミリアンネは、侯爵家の次女として生まれながら、日々記憶にある景色を再現しようと屋敷に籠もりきりだ。うまくいかない創作と姉に比べて至らない自分に、苛立ちを募らせている。温かくも強かな大人たちと、箱庭との関わりによって、少女が成長していく物語。
24hポイント 11pt
小説 1,772 位 / 18,710件 恋愛 753 位 / 5,002件
『石神様』が響く時、彼はそれまでの日々を繰り返す。少し特殊な能力を持った青年の『平穏時々事件』な日常。※かなりの不定期更新になります。(旧題:奇石の人)
24hポイント 6pt
小説 2,388 位 / 18,710件 ミステリー 17 位 / 514件
今日は息子の優貴(ユウキ 10歳)と一緒に通っている空手道場のハロウィンパーティ。 ハロウィンパーティ参加のための準備を終えた父親の卓(スグル 42歳)は、自分が楽しみにしているチートで俺TUEEE!なオンライン小説を読むべく籠った自宅のトイレにて、創造神に異世界転移を強要される。 しかし、創造神の目的は卓の家で飼っているロングコートチワワ(オス)のヒナタを異世界転移させる事だった。 創造神の力により、今いる世界から無理矢理に引き剥がされた卓に優貴、そしてヒナタ。 目覚めた先でポンコツ創造神から与えられたのは、妙に強すぎる加護やチートレベルのスキル、加えてヘンテコなオリジナルスキルとご都合改変された装備達だった。 創造神の本来の目的であるチワワのヒナタ、そのオマケの優貴、さらにそのオマケの卓達の二人と一匹が、ちょっと微妙なスキルや装備を引っ提げて、一風変わった異世界を無双?いや、それなりに暮らしていくちょっと愉快な物語である。 … 「――ねえ、お父さん…ハロウィンパーティはこっちにもあるかな…」 「優貴、異世界にハロウィンは無いんじゃないか?コスプレは出来なかったけど、あんまり気を落とすなよ…」 『にーちゃん。ハロウィンはぼくとやろうよ~』 「なになに?ハロウィン?この世界にもあるわよ?でもコスプレは無いのよね~、皆コスプレみたいなもんだし」 「じゃあ異世界のハロウィンは何するイベントなの?」 「托鉢(たくはつ)よ。トリック?なんとか…って呪文を唱えながら、僧侶見習いの小僧が家々を回って食べ物貰うイベントよね?」 「…」 「…」 『…ごはん貰うの?』 ――そんなんハロウィンと違うわ!―― 卓、優貴、ヒナタの異世界の旅は続いていくのであった。 ※本会話はイメージです。  実際の登場自分物やストーリーには一切関係がなくもありません。 ◇◇◇◇◇ 本サイト、アルファポリス側でも投稿中です。 https://www.alphapolis.co.jp/novel/408370660/450156580 宜しくお願い致します。
24hポイント 1pt
小説 4,566 位 / 18,710件 ファンタジー 1,585 位 / 7,055件
4
恋愛 連載中 長編 R18
 *ご注意ください*  この作品は性質上、バイセクシャル(BL、複数プレイ)の過激な性描写が出てきます。  さらに、嫉妬をして、相手を奪い合うというような場面は一切出て来ません。  泥沼化を望んでいる方はバックして下さい。  先進国、ドラドア国。その首都、ルドルカシティで、女優志望のフリーター、主人公、ミヌア シノデリエ、23歳は、PCや携帯もないほどの貧困生活を強いられていた。  ある日、アルバイト先でこってり叱られたミヌアは、慣れない高級ホテルのラウンジで、たった1杯だけでも憂さ晴らしをしようとやって来たが、隣の席に座っていいかと知らない男に声をかけられ、ほんの少ししか話していないのに、いきなり床に跪かれ、「私と結婚して下さい」と求婚される。  驚いたミヌアは高級ホテルを慌てて出て、大通りへ逃げ出すが、細い路地から手が不意に伸び出来て、中へ引きずり込まれてしまい、背の高い男の腕の中で、常人には見えない黒い霧がすぐ近くに現れ、それが消滅するという不思議な現象を目にする。そこでも、「お前と結婚する」といきなり宣言されてしまう。  また驚いたミヌアはそのまま大通りへ戻り逃げて行くが、前から歩いて来た男にすれ違いざまに手首をつかまれ、無遠慮に顔を見つめられ、「貴様と結婚してやってもいい、ありがたく思え」と俺様全開で言われ、1日に3回も結婚を申し込まれるという何かの罠のような、避けられない運命のような出来事に見舞われる。  その男も何とか振り切り、大きな交差点へ差し掛かった時、見知らぬ黒塗りのリムジンに無理やり乗せられ、連れ去られ、気を失い気づいた時には歩いても歩いても、廊下の端が見えないほどの大豪邸へ来ていた。  そこで待っていたのは、いきなりプロポーズして来た、あの3人の男たちだった。  貧乏生活の末、国の法律改定を知らなかったミヌアは、いきなり4人で夫婦の生活に強制的に陥れられてしまうが、何だか夫たちの様子がおかしく……。  選ばれし者に神が与えたという特殊能力、メシア。  その保有者の物語。  メシア降臨シリーズ、第2段。  Evil hunter 〜家(うち)の夫たちがお騒がせしています〜
24hポイント 0pt
小説 18,710 位 / 18,710件 恋愛 5,002 位 / 5,002件
4