進学・北大・東大小説一覧

タグ 進学・北大・東大×
1
 北海道、4月は寒く氷点下の日も多い。苫小牧漁港から2人乗った ホッキ漁船が出港し港に戻ろうとすると嵐山正一(38歳)が急に 胸の痛みを訴えたので全速力で港に戻り医者に診せると、ご臨終です といわれた。憔悴しきった奥さんが来て嵐山正一の亡骸にすがった。 1968年4月23日、みぞれ交じりの日、漁港の集会場で15人で 嵐山正一(享年38才)の葬儀が執り行われた。その後、母の安江と 長男の寛太が漁港で働いて貧しいながらも家族5人を養った。4人 の兄弟達は、それぞれの進路を見つけて歩んでいく。その後の自立 の道、将来の姿などは、是非、本編を、ご覧下さい。 作品は小説家になろう、ツギクル、星空文庫に重複投稿。
24hポイント 0pt
小説 60,693 位 / 60,693件 現代文学 2,665 位 / 2,665件
文字数 47,314 最終更新日 2018.09.14 登録日 2018.09.09
1