2025年問題、首都圏、介護難民小説一覧

タグ 2025年問題、首都圏、介護難民×
2
 ボクがケアマネジャーだった頃、いつも笑顔のベテランのヘルパーさんがいた。  そのヘルパーさんが訪問介護に行くと、誰もが最後は笑顔になる。  たとえ、身体が麻痺や拘縮で動かなくても。  たとえ、認知症で自分の名前さえ分からなくても。  たとえ、癌で余命いくばくなくても。  ボクは思い切って、ヘルパーさんに『笑顔』の理由を聞いた。  帰ってきた答え。  それは、  「シンタイカイゴって、どう書くか知ってる?」  だった。  幾多の修羅場をくぐったベテランからの問いかけ。  それは『ヘルパーの矜持』だった。
24hポイント 0pt
小説 59,000 位 / 59,000件 現代文学 2,577 位 / 2,577件
文字数 2,096 最終更新日 2019.06.19 登録日 2019.06.19
2025年問題とは75歳以上の老人が日本人の4人に1人に達する事。 社会保障費の急増問題。原因は昭和39年の東京五輪、首都高速、首都圏 のインフラ工事に日本中の若者が集め足られた事に起因する。今や彼らは 故郷に帰る家もなく減っていく年金と増える医療費で悲惨な場合、孤独死。 政府は日本版CRCCと耳障りの良い言葉に置き換えた。しかし現実には 老人の地方移住、地方へ姥捨て対策である。そこで自分で生活できる老人 を質の良い集合住宅で生活してもらおうとする老人シェアハウスが少ない ができている、そんな話を小説にしてみました。是非、ご覧いただき、 考えていただきたい。星空文庫とカクヨム、小説家になろうに重複投稿。
24hポイント 0pt
小説 59,000 位 / 59,000件 現代文学 2,577 位 / 2,577件
文字数 44,024 最終更新日 2018.09.24 登録日 2018.09.24
2