異端者小説(外部サイト)一覧

タグ 異端者×
1
様々な思惑や、行動の末に白紅麗はリアムとともに彼の“イル・イゾレ”に戻ってきた。 母親は地上に帰り、<ruby>璃<rt>あきら</rt></ruby>はシュヴァルツと共に行動することとなる、 己の存在を気にかけてくれる璃と時々顔を合わせながら、上辺だけの平和を過ごしていた白紅麗に、突如、大きな壁が立ちふさがる。 「やっと、会えた…………リアム!」 そう。 それは 本当に偶然の ――出会いと―― ――別れ―― 「何度も、申し上げました。私は、あなたが私をいらないと言わない限りはそばにいると!」 見えないところで、影の存在が、動いていると知るものは 誰もいない――。 竜人×孤独少女 「さあ、この手を取るのが正解だと、もう理解しただろう? ――“わたしの姫”」
24hポイント 4pt
小説 2,343 位 / 19,525件 ファンタジー 869 位 / 7,580件
登録日 2019.04.02
1