日本神話小説(外部サイト)一覧

タグ 日本神話×
1
異界の住人達を相手とする、客士と呼ばれる者達の物語。 《あらすじ》 明治期に文化の街として発展した菅原市。 この街の大学に通う太一はふとしたきっかけから、人ではないものによる怪異"異界騒ぎ"に対処するための組織「客士院」の一員となる。 戸惑いながらも「客士院」の一員として様々な出来事と遭遇していきその顛末を記していく太一。 やがて彼は『真統記』と呼ばれる禁書に関わる事件に巻き込まれていく。 《登場人物》 ・太一(おおのはじめ) 大学生の身でありながら物書きにも勤しんでいる兼業(?)作家で、少し呪術などに関する心得を持っている。 日々の大半を執筆活動と材料集めの時間に費やしているが、社交的でないというわけではなく、 人並みの愛嬌も持ちあわせている。 今は没落して見る影もないが、彼の家はかつて歴史ある名家であったという。 ・天野幸彦(あまのゆきひこ) 菅原市の大学で非常勤講師をしている男。 人を教える立場にあるが、少々卑屈な言動や振る舞いを見せる。 非常勤講師というのは表の顔で、裏では客士院に属しており「異界騒ぎ」と呼ばれる怪異を解決に導く任にあたっている。 ちなみに彼がこの裏稼業をしているのはそこそこ"実入り"がいいためであるらしい。 ・望月詠子(もちづきよみこ) 北宮神社で祭宮を務めている女性。 また、客士の一人でもあり一癖ある客士達のまとめ役となっている。 普段は淑やかで品のある女性だが、人を手玉に取ろうとする癖があり、 しばしば天野や周囲の人間を困惑させている。 ・弓納小梅(ゆみのうこうめ) 神代に滅びたとされる民の末裔で、客士の一人。 市内にある高校に通っているが、元は田舎の町の出身であり、菅原市へは中学進学に合わせてやって来た。現在は祖母の知り合いである小泉の家に下宿している。 普段は大人しく読書を好む少女だが、それに反して活発な一面もあり、 身体能力に関しては客士院の中でも一番高い。 ・たまき 太の前に度々姿を現す少女。 容姿の割には大人と話しているのかと思ってしまうような落ち着いたしゃべり方だが、その目的や真意は謎に包まれている。
24hポイント 0pt
小説 18,851 位 / 18,851件 キャラ文芸 224 位 / 224件
登録日 2019.12.29
1