エスティマ小説一覧

タグ エスティマ×
2
土志田勇は川尻の農家に生まれ米山種子は両親が共働き一人っ子 で学校を出た。信用金庫に就職したが計算が嫌で両親の働く会社 でセールスレディを始め愛想良く可愛い顔でセールス実績を上げた。 土志田勇は卒業後、日本電信電話公社に採用されの米山家の近くに 勤務し義理の両親共仲良しになった。土志田勇が父の恒夫に日本株 で儲けたいと言うとソニー、トヨタ株を奨められた。  その後土志田勇と種子は結婚し2子を授かった。腎臓の弱い種子 の父、米山建男が人工透析を始めた。土志田恒夫の優しさで2家族 仲良く義理の父の死後も面倒をみて人生を楽しんだ。 是非、本編をご覧下さい。 なお、この作品は小説家になろうに、重複投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 66,033 位 / 66,033件 経済・企業 167 位 / 167件
文字数 36,565 最終更新日 2019.09.21 登録日 2019.09.13
2
経済・企業 完結 ショートショート R15
源田一郎は三島の旅館の娘、伊東美佳と結婚し、彦一を産んだ。彦一は、義理の祖父の伊東虎吉馬が合い、芸者、投資、釣り、麻雀を教えられ虎吉が彦一に投資資金150万円を貸して、株を始めた。その後、芸者「梅千代」と仲良くなり休みを取り三島から伊東温泉の「梅千代」に会いに言った。やがて結婚三島に住み投資で成功2子を設け家族旅行、海外旅行を楽しみその後・・・、以降は本編をご覧下さい。小説家になろうに重複投稿中
24hポイント 0pt
小説 66,033 位 / 66,033件 経済・企業 167 位 / 167件
文字数 39,476 最終更新日 2019.10.28 登録日 2019.10.21
2