毛利家小説一覧

タグ 毛利家×
1
明治四十二(一九〇九)年、韓国統監の職を辞し大磯の滄浪閣にいた伊藤博文のもとに旧友の井上馨が訪ねてきた。この旧友の訪問の目的はかつて幕末の動乱をともに生き抜き、明治を迎える前に非業の最期を遂げた高杉晋作の碑文を読むことであった。三十分かけて碑文をすべて読み終えると、井上は長年の疑問であった伊藤と高杉の出会いについて尋ね、それに対して伊藤は六十年前の嘉永二(一八四九)年、萩にはじめて来たときにまでさかのぼり高杉との出会いを話し始めた・・・・・。 ※この小説は高杉晋作を主人公に、久坂玄瑞や伊藤博文、吉田松陰等長州の維新志士達を描いた群像劇です。
24hポイント 0pt
小説 57,526 位 / 57,526件 歴史・時代 741 位 / 741件
文字数 62,988 最終更新日 2019.09.24 登録日 2019.07.04
1