オリジナルギャンブル小説一覧

タグ オリジナルギャンブル×
1
 それは、ある日常に現れた非現実的なアプリから始まった。  そのアプリの名は【居残りげぇむ】――。  3年D組全員強制参加の【居残りげぇむ】は、アプリから指名されたクラスメイト同士が、互いの秘密の暴露を賭けて勝負するというものだった。  敗者に待っているのは社会的な死。他のクラス、先生、両親、警察には頼れない。  孤独でありながら閉鎖的でもある3年D組で始まる騙し合い。それに便乗して謀略を図る者、欲望に走る者、保身に走る者――崩壊していく理性と、暴走する自我。  一体誰がこんなことをしているのか。なんの目的で3年D組はこんなことに巻き込まれたのか。  裏切り、妥協、策略に謀略。そんな空気が漂う中、マイペースなゆるふわ系女子の日比野ハルは、自然と事態の収束に向かって動き出す。  果たしてハルは【居残りげぇむ】を止めることができるのか――。 【勝負1】 運頼りの駆け引き《賢者の石編》【決着】  なんの前触れもなく始まってしまった【居残りげぇむ】に困惑する3年D組一同。そして、記念すべき一発目の勝負に、なんとハルが指名されてしまう。25個ある碁石のうち、たったひとつだけ入っている白の碁石――【賢者の石】を花瓶の中から引き当てるだけの運任せの勝負。ハルはとっさの機転で、運任せを運任せではないものへと昇華させる。 【勝負2】極限の選択《カード式マルチあっち向いてホイ編》【連載中】  ついに始まってしまった【居残りげぇむ】を辛うじて切り抜けたハル。普段は他人を寄せ付けがたい空気を発している瀬尾亮司というクラスメイトから、力を貸して欲しいと頼まれる。瀬尾はクラスメイトの中に【げぇむますたー】がいるのではないかと考え、その正体を暴こうとしていた。しかし、そんな最中、その瀬尾が【居残りげぇむ】に指名されてしまう。
24hポイント 711pt
小説 1,335 位 / 57,672件 ミステリー 12 位 / 1,498件
文字数 86,405 最終更新日 2019.10.21 登録日 2019.08.05
1