大量死小説一覧

タグ 大量死×
1
蓮芽美雷は通勤途中、老人が縮んで死ぬ現象に遭遇する。ショックで気を失ったところを遠慈甲一郎に助けられ、出会いとなったが、彼にはいい印象が持てなかった。 凝縮死と俗称された悲劇は、全国で起こっていて、未曾有の死者数を出し続ける。しかも日本人だけに起こる大量死現象だった。 ウイルスや細菌は発見されず、日本人がアポトーシス(プログラムされた自死)されていると流布される。 美雷は恋人を凝縮死で失い、自殺を図るが、またもや甲一郎に救われ、彼女たちの切れない関係が始まった。 両者の家系には因縁があり、夢に現れる黒い怪物に導かれていく。果たして大量死現象に関係しているのか? 二人の縁は愛に変わるのか? 『小説家になろう』にも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 58,839 位 / 58,839件 恋愛 14,167 位 / 14,167件
文字数 107,858 最終更新日 2019.10.20 登録日 2019.10.01
1