鈍器小説一覧

タグ 鈍器×
1
 目が覚めたらそこは見覚えのない場所だった。  何故か下着姿の俺。周りには同じように下着しか身につけていない多くの男女。  突然スピーカーから声が鳴り響く。 「それでは最後の実地訓練を行う! 見事最後の一人になった者に名誉と栄光と自由を! 諸君の検討を祈る!!」  突然始まったバトルロワイヤル。  なすすべなく撃ち殺されていく人々。  俺も何度も死んだ。  そう死んだのだ。  銃で、鈍器で、車で。  打たれ、殴られ、轢き殺され。  そして俺はまた繰り返す。  この生き残りをかけたサバイバルを。  何度も聞きすぎて頭に染み付いた、最後の一人になること、自由を得ることを信じて。
24hポイント 7pt
小説 20,106 位 / 73,719件 ファンタジー 4,704 位 / 21,639件
文字数 6,356 最終更新日 2020.03.22 登録日 2020.03.18
1