万能宇宙船小説(外部サイト)一覧

タグ 万能宇宙船×
1
「カオル、ガウスライフルは君が怪我をしなければロックが外れない仕組みだ。かすらせる感じで攻撃を受けろ。チッと音を鳴らす感じだ」 人工知能ロンロンの無慈悲な通告に、主人公は顔を引きつらせた。 「いや、あれは……かすっただけで死ぬぞ」 二階堂薫(にかいどうかおる)、38歳。 彼は脂の乗った銀河証券マンだったが、取引にコケて惑星一個分の損失を出し、宇宙船で空の彼方に失踪した。 自分の最期はコールドスリープで安楽死か、あるいは恒星突入で派手に散るか。 そんな逃避行の果てに、二階堂は宇宙船ごとワームホールに飲み込まれる。 気が付くと二階堂は見知らぬ土地にいた。 宇宙船も服もそのまま。しかし外は意味不明な場所にさま変わり。 ゲーム好きな人工知能ロンロン曰く、ここはまるで死にゲーのような危険度だという。 見るからにヤバい怪物が跋扈する中、水も食料も近くにはない。 二階堂はもう死にたかったが、ロンロンの「囚われの姫を助けに行け」などという王道ゲームさながらの激励で言葉巧みに誘導され、彼は唯一の武器である狩猟用ライフルを持って外に出た。 しかしそれは撃たれるまで撃てないという、専守防衛という名の日本の崇高なサムライ精神が詰まった、文字通り無用の長物だった。 ライフルのロックを外すには、相手の攻撃を受けなければならない。 しかし相手は触っただけで死に至りそうな禍々しい怪物ども。 前門の具体的な死。後門のゲーム脳AI。 こうして進退きわまった二階堂の、お姫様を救い出すオワタ式弾幕無理ゲーが始まった。
24hポイント 5pt
小説 1,278 位 / 19,397件 ファンタジー 535 位 / 7,730件
登録日 2020.05.18
1