酒浸りの毎日小説一覧

タグ 酒浸りの毎日×
1
 1990年。まだケータイもスマホも普及していなかった時代。長崎市に住む青年、二十歳になったばかりの杉内直己は心をかけて打ちこめる何かを探していたが、小さな家出がきっかけでストリートミュージシャンになる決意をする。  夢、恋、その狭間で揺れ動く心を描いた超長編作。   ※ストーリー重視の方は、1話目は導入なので飛ばしてもらってもかまいません。ただし長いお話なのでその他の読み飛ばしは推奨しません。あしからず。   全編に酒が入り乱れますが、平成の時代(今も同じくですが)のミュージシャンはそんなものでした。これまたあしからず。
24hポイント 0pt
小説 80,275 位 / 80,275件 現代文学 3,746 位 / 3,746件
文字数 918,429 最終更新日 2019.12.21 登録日 2019.10.06
1