非ハーレム小説(外部サイト)一覧

3
 その男は無力であった。ひ弱で、幾度となく暴力に屈してきた。理屈で勝っても、勉学で勝っても、収入で、人生の幸福でいくら勝っていても。  あの日、暴力に心が、肉体がくじけた記憶が己を敗者だと告げるのだ。  勝ちたい、あいつらに、まだ見ぬ奴らに、誰にも負けたくない――弱いというただその事実が悔しいから。  そんな思いを抱えながら……男は死んだ  そして男は、気づくと異世界に居た。醜悪な怪物、ゴブリンの姿で。  今度は、ああはなりたくないと思った。  勝ちたい、誰にも負けたくない、今度は一点の曇りもなく、自分を勝者だと信じたい。  そのために必要な暴力を極めて――この拳で、最強になる。  それが第二の人生をゴブリンとして送ることになった男の願いであった。  これは――ゴブリンとして異世界に転生した男が、その拳で、闘争によって、己を地上最強であると証明してゆく物語。
24h.ポイント 1pt
小説 505 位 / 21,307件 ファンタジー 194 位 / 8,280件
登録日 2020.11.30
魔法が全く使えない『呪い子』であるウィル。 魔法が使えない為に迫害・差別偏見を受け続ける彼だが、基本的なスペックは高く、しかもどうやら隠れた力があるようだ。 しかしどれ程頑張っても社会の壁は厚く、成り上がれそうで成り上がれない。いつまで経っても貧乏くじしか引けない。 だったらいっその事人間社会なんて捨てちまえ!? そんな傷だらけ系フェアダークヒーローが幸せなスローライフを求めたり、魔王なる存在を倒したり倒さなかったりする、そんな物語。 ※最初はとにかく主人公を虐め抜くので苦手な方は注意 ※周りからチヤホヤされる俺TUEEEEもとんとん拍子で成り上がる前世知識記憶チートも飽きた!もっとビターでシビアな話を求める! なんていう人向けになる予定。 ※二話まで回想ダイジェスト中心。本格的本編開始は三話から。 ※R15は保険です。 ※一応、異世界転生によるチート要素はありますが主人公は純然たる現地人で直接その恩恵に預かる事はほぼないです。 ※ハーレム? なにそれ美味しいの? ※見切り発車の為不定期更新 ※当作品が物書き初デビューで、小説の内外問わずご意見や指摘などありましたら、お手数ですが感想を頂けたら幸いです ※小説家になろうの方で掲載中です
24h.ポイント 0pt
小説 21,307 位 / 21,307件 ファンタジー 8,280 位 / 8,280件
登録日 2018.01.19
3
恋愛 完結 長編 R15
※作中に下品な言葉、性行為を連想させる言葉(孕ませる、手籠めにする、犯す等…)が入っています。直接的な性的描写はありませんが苦手な方はご注意下さい。 この国、アダスティア王国は、もう随分と昔から男性の出生率が異様に低い。 そのため人口は常に女性過多。 つまり放っておけば女性は溢れる一方で、出生率はどんどんと下がっていく。 国が亡びることを恐れた何代か前の国王が、一夫多妻制にする事を決定し、男性はなるべく早くに、そしてなるべく多くの婚約を決め、お手付きした者は必ず妻に娶るようにと定められた。 しかも、国の存続がかかっているため、貴族と庶民といった身分差のある者の結婚も認めた。 そうしてこの国は今、より早くに、より多くの婚約者や妻をもち、そしてより多くの子を儲ける者が、より優れた者と認められる。そんな国になっている。 お陰で、私は齢10歳にして、好きでもない、寧ろどちらかと言うと嫌いな人間の婚約者にされてしまった。 そんな私も今年15歳になり、そろそろお手付きされそうで戦々恐々しながら過ごしている。 基本、誘われてもお断りしているし、彼には12歳当時から既に私以外に七人の婚約者がいるので、どうぞそちらでお手付きして下さいと、心の内に収めず常に口に出してそう伝えている。 なのに、何故か彼は私に固執して、何度も何度も色々なことに誘ってくる。 何故、男性には選ぶ権利が与えられ、女性には拒否する権利さえ与えられないのか。 しかも、女性はたった一人の人を愛し、敬うのに、男性からは自分一人に愛情が向けられない。 こんな不平等は到底受け入れられなかった。 一夫多妻なんて納得できない────
24h.ポイント 0pt
小説 21,307 位 / 21,307件 恋愛 4,938 位 / 4,938件
登録日 2021.09.25
3