政治/戦争/策略小説(外部サイト)一覧

2
あらすじはほぼタイトルの通りです。 あるところに青年が居ました。その青年はどこから来たのか、変わった形の武器を携えております。 その青年は日がな一日、相棒とともに何もせずにのんべんだらりと過ごしていました。そして青年は言います。 「暇だなぁ」 青年は何か面白いことが起きないかと願っていました。その青年の前を通る一頭の馬。その馬に跨っているのは不釣り合いの少女。それを追いかける男たち。 青年は思います。これは何か面白いことが起きているに違いないと。 追いかける青年は少女を救い出します。そして、その少女との出会いが、青年の運命を大きく変えることになるとは、まだ誰も思ってもみなかったのでありました。 身一つで青年は成り上がる。青年は自分の信念と正義を信じて。 その先にあるのは栄華か、それとも。
24h.ポイント 23pt
小説 47 位 / 21,295件 ファンタジー 28 位 / 8,269件
登録日 2022.09.30
2
歴史・時代 連載中 長編 R15
一人の男が何の因果か戦国時代へ紛れ込んでしまった。 その男の姿は何故か幼児となって。 そして間違われ、巻き込まれ、いつの間にか小さな国衆の領主となっていた。 その者の名は塩冶彦五郎高清。(えんや ひこごろう たかきよ) 豊臣秀吉に「山賊衆」と呼ばれたその人になってしまったのだ。 そんな彼だが、今はまだ幼く但馬山名氏の元にある八千石にも満たない小さな領主である。 ただ、歴史の中に異分子として入り込んでしまったのは事実。 「弱ければ食われる。食われたくなれば強くなれ」をモットーに頭を働かせていく。 山賊衆と呼ばれるのに相応しいほど泥臭く、地べたを這いつくばっても生き延びる。 頭を下げ、裏切り、のし上がる。生き延びるために。 ここから、歴史はあらぬ方向へと動いていくのであった。
24h.ポイント 0pt
小説 21,295 位 / 21,295件 歴史・時代 454 位 / 454件
登録日 2020.05.01
2