5
恋愛 連載中 長編
ルナリア・ヴィッセには秘密がある。 前世日本人という記憶持ちで、魔力量の多い異国の地を引いていた。 そして貧乏伯爵家のルナリアは経済的困窮を理由に、世間的には病弱として領地に引き篭もっている。 しかしそんなとき、弟の学院入学のためにためた学費を父が勝手に使ってしまい、ルナリア自ら王都に出稼ぎに行くことを決意。運良く王城で働くことができたものの、転生時のギフトとして持っていた言語チートを無自覚に発揮。新たな仕事として三ヶ月後に迫った国際的なイベント大陸議会でソルディート陛下の通訳兼婚約者として打診されてしまう。独身の陛下だが諸事情で他国との縁を結ぶことはできず、紹介される他国の令嬢を穏便に断るために婚約者を探していたという。破格の報酬に釣られそうになったものの、ルナリアは荷が重いと断ると決めた。しかし、状況が一変し、大陸議会が終わるまで、仮の婚約者として国母として立つことになった。
24h.ポイント 49pt
小説 16,094 位 / 185,009件 恋愛 7,291 位 / 56,230件
文字数 11,676 最終更新日 2024.04.13 登録日 2024.04.09
キコナ王国、スコッティ男爵家のカレンはレザリア王国に旅行中、お忍びできていたレザリアの王太子に一目惚れされ、そのまま王太子妃となってしまった。しかし、商家出身の出自を生かし、外交官として国を飛び回っている間に夫に浮気され、離縁されてしまう。 望んだ結婚ではなかったものの、いざ離縁されれば手放しに喜べないカレン。しかし、そんなカレンに、苦楽を共にした護衛騎士で幼馴染のノアから突然プロポーズを受けた。 カレンは珍しく動揺し、ようやく意識しはじめる。そして、ずっと一緒だったノアと離れたことでようやく自分の気持ちに気づき、彼の申し出を受け入れることに。 だが、そんな時、レザリアではカレンがいなくなったことで外交に支障が出てしまった。ライオネルがカレンを連れ戻そうと動き出す。
24h.ポイント 71pt
小説 12,877 位 / 185,009件 恋愛 5,855 位 / 56,230件
文字数 18,965 最終更新日 2024.03.18 登録日 2024.03.18
第17回 恋愛小説大賞 エタニティ賞受賞 皆さまのおかげで賞をいただくことになりました。 ありがとうございます。 越智美琴(おちみこと)は元彼に「お前とのセックス、気持ちよくない」と言われたことをきっかけにセックスを探求し続けていた。とはいえ、相手はいないので玩具を使った一人エッチ。おまけに探求しすぎた結果、玩具でしか快感を得られない身体になってしまった。 そんなある日美琴は大事な玩具の入ったポーチを会社に忘れてしまう。慌てて取りに戻ったものの、副社長であり美琴の上司である蓮見慧士(はすみさとし)にポーチの中身がバレてしまった。 「黙っててやるから俺にも見せろよ」 そこからはじまった二人のオトナの関係。 昼間は上司と部下。 夜はセフレ。 しかし、セフレにしては距離感が近いような気がする。 「俺たちは俺たちの関係を作ればいい」 ドライな秘書×欲深な副社長 カラダから始まる愛欲強めのラブストーリー。
24h.ポイント 369pt
小説 3,533 位 / 185,009件 恋愛 1,651 位 / 56,230件
文字数 104,908 最終更新日 2024.02.29 登録日 2024.01.31
恋愛 完結 長編 R18
今好きな人がいます。 相手は殿上人の千秋柾哉先生。 仕事上の関係で気まずくなるぐらいなら眺めているままでよかった。 それなのに千秋先生からまさかの告白…?! 「俺と付き合ってくれませんか」    どうしよう。うそ。え?本当に? 「結構はじめから可愛いなあって思ってた」 「なんとか自分のものにできないかなって」 「果穂。名前で呼んで」 「今日から俺のもの、ね?」 福原果穂26歳:OL:人事労務部 × 千秋柾哉33歳:産業医(名門外科医家系御曹司出身)
24h.ポイント 184pt
小説 6,762 位 / 185,009件 恋愛 2,968 位 / 56,230件
文字数 98,602 最終更新日 2024.02.29 登録日 2024.01.31
恋愛 連載中 長編 R18
「結城は友達。な?」  初めて好きになった男の子は周囲から“王子様”と慕われていた。顔立ちが整っているのはもちろん、文武両道でパーフェクトな彼。 「当然でしょ。ビー太郎が彼氏なんて嫌よ」  対する私は、柔道一筋の武道一家の末娘。あだ名はその体型から“ゴリラ”と呼ばれる始末。  王子様とゴリラ。  何故かウマが合い、教室ではよく話す。だけど、自分でもちゃんと分かってる。 それが釣り合ってないことを。 だからこの恋は一生の秘密。 心の奥に閉まって、いつしか存在そのものが無くなればいい。 そう思っていたのに。 「結城さん、週末の会食リスケして」 「承知しました」  二十年以上経った今、彼と私は上司と部下。彼の秘書をしている。毎日顔を合わせるせいで、閉じ込めた想いが時々儘ならない。 おまけに、 「ビー太郎、あれはないわ」 「だよなー」 「何がだよなー、よ。フォローする私のことも考えなさいよ」  彼とは気の合う飲み仲間。 お互い、恋人はいてもいなくても、そのラインは崩れない。 「やっぱ結城といるのは楽だわ」 「それは同意ね」  いつか来るその時まで。 彼に似合う女性が彼の隣に立つその日まで。 どうか、このまま彼を想っていたい。 それ以上は決して望まない。 主な登場人物 結城綾乃(ゆうきあやの)秘書 木下雅(きのしたみやび)副社長 二十年以上も拗らせた初恋は果たして………?! ※他社サイトに掲載した作品を改稿してアップしております。
24h.ポイント 21pt
小説 26,308 位 / 185,009件 恋愛 11,421 位 / 56,230件
文字数 128,638 最終更新日 2021.06.30 登録日 2021.03.13
5