期間限定の仮初婚約者ですがなぜか国王陛下に愛されています。(私はひっそり生きたいのに)

ルナリア・ヴィッセには秘密がある。
前世日本人という記憶持ちで、魔力量の多い異国の地を引いていた。
そして貧乏伯爵家のルナリアは経済的困窮を理由に、世間的には病弱として領地に引き篭もっている。
しかしそんなとき、弟の学院入学のためにためた学費を父が勝手に使ってしまい、ルナリア自ら王都に出稼ぎに行くことを決意。運良く王城で働くことができたものの、転生時のギフトとして持っていた言語チートを無自覚に発揮。新たな仕事として三ヶ月後に迫った国際的なイベント大陸議会でソルディート陛下の通訳兼婚約者として打診されてしまう。独身の陛下だが諸事情で他国との縁を結ぶことはできず、紹介される他国の令嬢を穏便に断るために婚約者を探していたという。破格の報酬に釣られそうになったものの、ルナリアは荷が重いと断ると決めた。しかし、状況が一変し、大陸議会が終わるまで、仮の婚約者として国母として立つことになった。
24h.ポイント 106pt
356
小説 8,596 位 / 185,042件 恋愛 3,902 位 / 56,195件