妹の身代わりとされた姉は向かった先で大切にされる

アイリスとアイリーンは人族であるナーシェル子爵家の姉妹として産まれた。

だが、妹のアイリーンは両親や屋敷の者に愛され、可愛がられて育った。
姉のアイリスは両親や屋敷の者から疎まれ、召し使いのように扱われた。

そんなある日、アイリスはアイリーンの身代わりとしてある場所に送られた。

それは獣人族であるヴァルファス公爵家で、アイリーンが令息である狼のカイルに怪我を負わせてしまったからだ。

身代わりとしてやった来たアイリスは何故か大切にされる厚待遇を受ける。

これは身代わりとしてやって来たアイリスに会ってすぐに『生涯の番』とわかったカイルを始めとしたヴァルファス家の人たちがアイリスを大切にする話。




24hポイント 482pt
小説 2,937 位 / 148,360件 恋愛 1,450 位 / 46,753件