古代雅之

古代雅之

古代史大好き人間です。古代史関連の評論・解説・記事を読み漁っていますが、小説はほとんど、見かけません。それなら、自分で書いてやろうとした次第です。
1
 A.D.2世紀中頃、古代イト国女王にして、神の御技を持つ超絶的予知能力者がいた。 女王は、崩御・昇天する1ヶ月前に、【天壌無窮の神勅】を発令した。 つまり、『この豊葦原瑞穂国 (日本の古称)全土は本来、女王の子孫が治めるべき土地である。』との空前絶後の大号令である。  この女王〔2世紀の日輪の御子〕の子孫の中から、3世紀の倭国女王・日御子〔日輪の御子〕、4世紀のヤマト〔邪馬台〕国大王、8世紀の持統天皇〔日輪の御子〕、鎌倉幕府の源氏将軍家、北条執権家、室町・足利将軍家、徳川将軍家等、女王の大予言は的中している。  この作品は3世紀の倭国女王・日御子の波乱万丈の生涯の物語である。  ちなみに、【卑弥呼】【邪馬台国】は3世紀の【文字】を持つ超大国が、【文字】を持たない辺境の弱小蛮国を蔑んで、勝手に名付けた【蔑称文字】であるので、この作品では【日御子〔卑弥呼〕】【ヤマト〔邪馬台〕国】と記している。  言い換えれば、我ら日本民族の始祖であり、古代の女性英雄神【天照大御神】は、当時の中国から【卑弥呼】と蔑まされていたのである。 卑弥呼【蔑称固有名詞】ではなく、日御子【尊称複数普通名詞】である。  【古代史】は、その遺跡や遺物が未発見であるが故に、多種多様の【説】が百花繚乱の如く、乱舞している。それはそれで良いと思う。  【自説】に固執する余り、【他説】を批判するのは如何なものであろうか!?  この作品でも、多くの【自説】を網羅しているので、【フィクション小説】として、御笑読いただければ幸いである。
24hポイント 349pt
小説 2,841 位 / 87,393件 歴史・時代 14 位 / 1,059件
文字数 122,899 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.04.01
1