3
大陸暦一五百二十二年――。  ジェーネヴァ大陸の東端は、七人の魔王が支配していた。  しかし七人の魔王たちは皆、勇者を名乗る十三人に討ち取られてしまう。  勇者との決戦の後、最後の魔王――サキュバスのミスティ・ハーティスは死力を振り絞り、魂を飛ばす。それは――自らが転生し、復讐を果たす為だった。  その後、魔王の魂は残念ながら異世界のおっさんと同化し、何とか元の世界へと帰り着くがしかし、ミスティの記憶は一切が失われてしまう。  こうなればサキュバスの体をもった、単なるおっさんの出来上がり。  戸惑うのは魔王か――それとも、より困ったのはおっさんか――?  魔王の復讐とおっさんの未来は、果たしてどうなる? ※小説家になろう様にも掲載しております。
24hポイント 0pt
小説 66,032 位 / 66,032件 ファンタジー 20,302 位 / 20,302件
文字数 54,786 最終更新日 2018.08.30 登録日 2018.08.20
西暦二〇一九年。受験とオリンピックを来年に控えた少年は、突如眩暈に襲われ、意識を失う。  目を覚ますと、そこは荒涼とした大地と、澄んだ空気が広がる異界であった。だが、運の悪い事に、左右を異界の軍団に挟まれ、まさに会戦がはじまろうとする、その中央に少年はいたのである。さらに、前後を岩山と川に阻まれて逃げ出す術もなかった……  そして奴隷商人に囚われた少年は、角のある大男に買われ、奴隷となる。  貞操の心配をするのも束の間、奴隷騎士という妙な仕事をさせられつつ、心身ともに成長してゆく少年。 ―――  何となく、中東な感じの異世界を舞台に、日本人の少年(童貞)が、いやいや頑張るお話です。
24hポイント 0pt
小説 66,032 位 / 66,032件 ファンタジー 20,302 位 / 20,302件
文字数 123,361 最終更新日 2018.08.30 登録日 2018.08.13
ブラック企業で中間管理職を務める八坂 徹は、上がらない売上げと増え続ける上司の皮肉を苦に、自殺をしてしまう。  しかし、彼は死んだ後に別世界からの声を聞いた__ 「我が声に答え、顕現せよ! 四界を圧せし勇者よ!」  薄明かりの中、自らの死を自覚する八坂は、果たしてその声に答えられるのか__  と、いう程の大層なものじゃありません。  ダークファンタジーというか、コメディというか。  そんな感じです。
24hポイント 0pt
小説 18,830 位 / 18,830件 ファンタジー 7,383 位 / 7,383件
登録日 2014.09.02
3