雨田ゴム長

雨田ゴム長

6
古代中国の恐怖、匈奴は、決して一枚岩ではなかった、部族間の繋がりは有っても、国としての意識、連帯感も余り無く、人々は主に、己の感情や、利害関係が行動規範であった。
24hポイント 0pt
小説 144,643 位 / 144,643件 歴史・時代 1,676 位 / 1,676件
文字数 124,573 最終更新日 2022.05.05 登録日 2021.09.25
北海道の東、道東と呼ばれる地域の、主にペンキ職人達の、普通の日常を、ただ普通に書いて行くだけの作文です。
24hポイント 0pt
小説 144,643 位 / 144,643件 エッセイ・ノンフィクション 5,058 位 / 5,058件
文字数 17,430 最終更新日 2022.03.04 登録日 2021.12.06
小学5年の愛実は、母が連れて来た男の、亮介とは最初から合わなかった、母が居ない時は、度々暴力を奮われ、服を着て居る部分以外は、アザが絶えない状態であった、日を重ねるにつれて、亮介から受ける暴力は過激になっていった、母のルミは、見てみぬ振りをしていた、ある時、亮介は愛実を車に乗せドライブに出掛けた、そして、、、
24hポイント 0pt
小説 144,643 位 / 144,643件 大衆娯楽 4,680 位 / 4,680件
文字数 47,061 最終更新日 2021.10.01 登録日 2021.08.07
甲賀の忍び十造、普段は自ら調合した薬を売り歩き、そして、依頼があれば忍者としての仕事をしている。 十造は、頭も手下も持たない一人親方であった。 特定の武将にも付かなかった、自分の納得が行く仕事を受け、気が乗らなければ断っていた。 時は戦国、織田信長が勢力圏を拡大している真っ只中であった。
24hポイント 0pt
小説 144,643 位 / 144,643件 歴史・時代 1,676 位 / 1,676件
文字数 240,694 最終更新日 2021.07.17 登録日 2021.02.22
北海道の東、道東地方釧路市阿寒地区にある、名もない山の、みずなら(どんぐり・団栗)の木 樹齢300年以上になるその木は、同じ仲間の木とともに、山に恵みをもたらし、そこで暮らす動物達の生活を静かに見守って来た 悠久の時を経て生きて来た彼等を、追い立て、殺し、切り倒す者が出て来た。 身近に存在する自然対人の、物語
24hポイント 0pt
小説 144,643 位 / 144,643件 ミステリー 3,197 位 / 3,197件
文字数 28,198 最終更新日 2021.02.08 登録日 2021.01.07
1560年永禄3年5月桶狭間の戦いから、本能寺の変、賤ヶ岳の戦いまで、主に織田信長とその妹お市との会話を中心に、妄想と想像だけで全て書き上げました。 従って、時代小説の部類には到底あてはまるものではありません。
24hポイント 0pt
小説 144,643 位 / 144,643件 大衆娯楽 4,680 位 / 4,680件
文字数 33,232 最終更新日 2021.01.03 登録日 2020.12.15
6