こやまことり

こやまことり

主従とげきおも感情とすれちがいが性癖
2
BL 連載中 長編 R18
<スパダリムーブ常備ノンケ攻め×こじれすぎ後ろ向きメンタル受け> 「つきあってることは、秘密にしてください」――つきあっても自信のなさのせいですれ違う二人。――または、いつまでたってもじれじれじれしている青春純愛BL。 ● 大学二年生の嵐山光洋ことコーヨーは、サークルの先輩である三木青葉をひそかに思っていた。しかし「先輩はノンケだから」と望みを諦めて、せめて「普通」の先輩後輩らしくしようと振舞ってきた。普通の後輩らしい笑顔を作って、普通の後輩らしい会話をして。――心の中の気持ちは、すべて押し隠して。 なのに。 青葉にピアスを開けたことをきっかけに、二人は恋人同士という関係になる。 たまに意地悪で、だけど優しい青葉。それでも「ノンケの先輩が本気なわけない」とコーヨーはかたくなに気持ちを信じず、青葉に二つのお願いをする。 「つきあっている、というのは周りに秘密にすること」 「好きな人ができたらすぐに言うこと」 いつ別れがきてもいいように。そう覚悟していたコーヨーに対して、青葉はまるでまるでコーヨーを特別扱いするかのようなことばっかりをする。おかげさまでコーヨーは疑問に思いながらも、常にときめきと緊張が鳴りやまず、毎日のように心臓の残機が危ない状態になっている。一体、先輩はなにを考えているんだ? ● 片思いこじれすぎて、攻めの気持ちをまるで信じられない受けと、そんな受けを笑顔と言葉で無自覚(たぶん)翻弄して甘やかしたい攻め。 「このやろおおおお」とずるさに叫びたくなるような攻めを書きたかった。 ※後半エロあり。 ※ムーンでR18, カクヨムでR15版を同時連載。 /BGM『flos』R Sound Design
24hポイント 7pt
小説 30,156 位 / 120,638件 BL 5,844 位 / 12,087件
文字数 205,458 最終更新日 2021.08.04 登録日 2020.10.31
BL 完結 短編 R18
第三回性癖小説選手権参加作品。 性癖:(※略)主従性癖 性癖:本心を話せず、セックスをしても心の奥底で喜びながらも「これは相手(従者)にとっては義務だから仕方なくやっていることなんだ」と思い込んで絶望する主人受け 性癖:人前では親しい言葉遣いをするのに従者をしているときは有能な丁寧敬語で、主人を一番大切に思いながらも暗い欲望を抱えつつセックス中に高負荷がかかっても主人のために耐える従者攻め 性癖:自分の身分のために義務として従者とセックスしなければいけないことに葛藤する受け 性癖:自分で自分のことを道具扱いする攻め 性癖:心はまだくっつかないけど先に身体をくっつけなければいけない事情があって、そのせいで互いの溝が深まっていくすれ違いBL (※略……主従の二人がくっつくまで100話くらいかかってほしいけどその間にも先に身体はくっついていてほしいし何ならそのせいですれ違ったり互いに傷ついたり苦しんでじれじれしながら最後はハッピーエンドを迎えることが約束されたすれ違いセックスをする主従性癖) あらすじは大体上記のとおりです。現代の魔術師をしている高校生主人が契約のために従者とセックスをしなければいけない話。 ※作業用BGM 「人形」天野月子
24hポイント 0pt
小説 120,638 位 / 120,638件 BL 12,087 位 / 12,087件
文字数 19,650 最終更新日 2021.07.15 登録日 2021.07.15
2