えんがわわさび

えんがわわさび

4
近藤勇、土方歳三、沖田総司―― 激動の幕末を生き抜いた男たち。 思想、理想、信念、それぞれの思いを胸に懸命に生き抜く姿を描く短編集。
24hポイント 0pt
小説 87,248 位 / 87,248件 歴史・時代 1,061 位 / 1,061件
文字数 47,111 最終更新日 2020.08.12 登録日 2020.06.25
『鬼』と呼ばれ恐れられた土方歳三は、ある日暴漢に襲われていた商家の娘を助けた。 娘の儚い存在感に、密かに心を奪われる歳三だが、時勢の流れは歳三に平穏を許さない。 そんなとき、監察の山崎烝からもたらされた情報をきっかけに、時勢はさらに勢いを増す。 人生の一大事に、しかし歳三の脳裏には娘の顔がちらつく。 ――知れば迷い しなければ迷わぬ 恋の道―― 土方歳三が詠んだなかでも有名なこの句に秘められた覚悟とは
24hポイント 0pt
小説 87,248 位 / 87,248件 歴史・時代 1,061 位 / 1,061件
文字数 12,793 最終更新日 2020.06.08 登録日 2020.06.08
歴史・時代 完結 ショートショート
「俺はやつほど情に厚い男を知らん!」 盟友である土方歳三が陰で鬼副長と呼ばれていることを知ったとき、勇の全身は怒りで震えた。 ――俺は一体なにを見ていたのだ!? 己をたてるため、あの男はいったいどれほどその身を犠牲にしているのか―― 近藤勇と土方歳三。 『新選組』そのものといっても過言ではないふたりの絆を描いた短編。
24hポイント 0pt
小説 87,248 位 / 87,248件 歴史・時代 1,061 位 / 1,061件
文字数 3,261 最終更新日 2020.05.26 登録日 2020.05.26
フランス救国の英雄、ジャンヌ・ダルク 彼女は如何にして立ち上がり、戦いのなかに身を投じていくのか。 聖女と呼ばれ、奇跡に導かれた人生と、悲劇で幕をおろす人生の最後に彼女が目にするものは―― *創作多めのため史実と違う部分が多々あります。ご了承ください
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 歴史・時代 415 位 / 415件
登録日 2018.08.30
4