杏子

杏子

杏子と書いて「あんず」です。 プロフィール写真は愛犬の杏子で、ベドリントンテリアという犬種です( ´∀` )b なろうで何作品か投稿していますが、こちらは初投稿です。 よろしくお願いします。
2
[ユニオンビースト]とは、いうなればキメラのようないくつかの獣が合体したような姿をしていて、獣や妖怪とかではなく霊獣である。  その体にある獣の数により、  1~2種は下級ユニオン、  3~4種は上級ユニオン、  5種以上がS級ユニオンと呼ばれた。  また、体にある獣の数に比例し、S級ユニオンになると巨大な姿になる。  そして、体にある獣の数と同じ数の目があるのも不思議な特徴だった。    ユニオンビーストは自分の心がえらんだ人間と契約する。  そして、契約すると彼らには契約者がどこにいようと居場所がわかり、会話もできる。  彼らは体にあるどの獣の姿にも転身することができ、通常その獣の姿で人のそばにいた。    純真で心優しく、世間知らずなカイルは、アルタニア国の王子である。  しかし、ユニオンビーストを操る者により、国王である父を殺され、命からがら逃げ出したカイルは、キメラのような霊獣ユニオンビーストと共に、様々な苦難を乗り越え、成長し、国を取り戻す為の戦いに挑むのだった。
24hポイント 278pt
小説 4,671 位 / 101,183件 ファンタジー 1,007 位 / 27,249件
文字数 66,029 最終更新日 2021.05.09 登録日 2021.04.30
俺はふと目が覚めると、崖の下に寝転がっていた。 頭が割れるように痛い。 『いって~······あれ?』  声が出ない?!! 『それよりも······俺は·········誰?』  記憶がなかった。  振り返るとレインボードラゴン〈天龍〉が俺の下敷きになっていたようで気を失っている。 『こいつのおかげで助かったのか?』  レインボードラゴンにレイと名付け、狼の霊獣フェンリルも仲間になり、旅をする。  俺が話せないのは誰かが魔法をかけたせいなのがわかった。 記憶は?  何も分からないまま、なぜか魔法が使えるようになり、色々な仲間が増えて、最強(無双)な魔法使いへと成長し、世界を救う物語です。
24hポイント 99pt
小説 8,728 位 / 101,183件 ファンタジー 1,801 位 / 27,249件
文字数 271,465 最終更新日 2021.04.28 登録日 2021.03.18
2