ruyi

ruyi

一ヶ月限定で、話を投稿していきます。色々な作品をお気に入り登録してもらえたら、ありがたいです
4
恋愛 連載中 長編
「君の妹が僕を誘惑しようとしてくるんだ。嘘だと思うのなら、今夜、僕の寝室に来て欲しい」 そうして私が見てしまった光景は……。 妹は、私から男の人を奪うのが昔から好きだった。 今までのこともある。私は、許せないと思った。 考えるまでもなく、思い浮かんだ。 「むしろ、そのまま妹を騙し続けてください。妹には、そこで私ではなく、妹の名前を告げるつもりだと、伝えてください」 少し泣かせた程度じゃ、あの妹はどうせこりない。 どうすれば、もう二度と、妹は男の人を誘惑をできなくなるのか。 私は、今まで妹に誘惑されてあっさりと捨てられてきた男の人達を集めておくことにした。 「一ヶ月もすれば、王子が婚約者を発表する正式なパーティーがある。それなら、そこを使おうじゃないか」 自分の方が騙されていることに気づかない妹とのやり取りが続いて……。 妹は私に、何かの勘違いだと泣きついてきて……?
24hポイント 2,151pt
小説 694 位 / 87,204件 恋愛 345 位 / 23,003件
文字数 31,865 最終更新日 2020.11.04 登録日 2020.10.12
恋愛 連載中 短編
「アウロラ先輩の弟、見た目はいいですけど、夜の方は今ひとつですね? ま、思っていたよりは悪くなかったですけど? なんか芋っぽいところが先輩にそっくりでした」 王子と婚約したことで国民の全てが知る聖女になったビアンカが、婚約しているにもかかわらず、私の弟カルロに手を出してきた。 私は、知っている。 彼女に聖女としての能力なんてないことを。 彼女の聖女育成するための学院にすら、裏口入学で入っていることを。 聖女である私アウロラの力によって、ビアンカは聖女のフリをしているだけ。 調子に乗るのにも、限度がある。 これはもう、潰します。 そうして、私は彼女が聖女として無能であることを公表したら……? ビアンカは必死に聖女のフリをし続けて……? 嘘がばれて王子に嫌われて……? 挙げ句の果てには、王子は私を好きになっちゃって……。
24hポイント 1,547pt
小説 910 位 / 87,204件 恋愛 444 位 / 23,003件
文字数 7,625 最終更新日 2020.10.27 登録日 2020.10.22
恋愛 連載中 長編
「ふふ……馬鹿なお姉ちゃん」 私は、見てしまった。 ずっと、私の恋を応援してくれていたはずの妹が、私の婚約者と抱き合っているところを……。 「アイツなんかより、妹のお前の方が、全然可愛いよ。けど、いいのか? よりにもよって、あいつの誕生日に、俺たちの関係を発表するなんて」 「うん、全然いいよ! そんなことより、あなたと幸せになりたいもの」 私は、婚約していたから……他国のイケメン王子からの熱烈なプロポーズだって断ったのに。 こうなったら、私が先に裏切ってやる。 泣きついた先は、他国のイケメン王子。 それだけのつもりだったのに……。 他国の王子は、想像以上に私を溺愛してきて……? その様子を見た元々の婚約者が、許してくれとすがりついてきて……? すべてを失った妹も、泣きながら「そういうつもりじゃなかったの」と嘘をついてきて……?
24hポイント 4,913pt
小説 370 位 / 87,204件 恋愛 182 位 / 23,003件
文字数 44,440 最終更新日 2020.10.23 登録日 2020.10.06
「私、悪役令嬢をやめるわ」 ——もし、悪役令嬢に転生したら、私達はどうすればいいのか。 私は……試しに、普通に悪役令嬢をやめる宣言をしてみた。 とても優秀で頼りになるメイドのアンジェラに向かって。 どうなるかは……もうみんな、分かるよね? いざとなったら見捨てられる悪役令嬢だけど……悪役令嬢は、一人でやっているわけじゃない。……悪い意味で。 なにせ……ほとんどの悪役令嬢は、悪徳貴族だから。 悪役令嬢をやめたかったら、まず悪徳貴族をやめないといけない。 悪徳貴族の中には、憎しみの商人なんて呼ばれる人達もいる。 四方八方からやってくる、理不尽なクレームの数々。 そんなクレームの数々も、てきとうに相手をしていたら、だいぶ落ち着いてきた。 いよいよ、私の平和で穏やかな日々が始まった……。 と思いきや……私はいつの間にか、イケメン王子たちのお悩み相談所になってしまって……。 さて、どうしたものか……。 (改修中)
24hポイント 553pt
小説 2,061 位 / 87,204件 ファンタジー 538 位 / 24,908件
文字数 29,951 最終更新日 2020.10.20 登録日 2020.10.04
4