渡邊まさふみ

渡邊まさふみ

1
 僕らは魔法の深淵に至る道を歩む、  魔導師と魔道士  死が二人を分かつまで師弟と誓った、  古の魔法を司る魔法使いだ。 ◇ 「魔法の全てを白日に」  魔法統制会議によって発せられたこの言葉は、  「魔法革命」の象徴とされている。  絶滅寸前まで迫害された魔法使いは、  世界にその秘術と秘匿された魔法を公開提供することで生かされた。  この時より魔法使いは魔術士となり、  今日の魔術文明が成ったのである。  それから五百年後  絶滅したはずの魔法使いが二人、  魔術士として旅をしていた。  全ての魔法使いの在り方が変えた 「魔法革命」  その行いは正しい。  ただ、僕らはその過程とその後に異を唱える存在だ。 *この作品は「小説家になろう」「カクヨム」にも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 65,888 位 / 65,888件 ファンタジー 20,291 位 / 20,291件
文字数 158,702 最終更新日 2019.06.13 登録日 2019.03.02
1