遠出八千代

遠出八千代

 読者の皆様、いつもありがとうございます。色んなジャンルに挑戦したいと思っていますが、なかなか難しいと思う今日この頃です汗
6
恋愛 連載中 長編
 クラウディン=ヒョンゲスは公爵の息子だ。彼はイケメンで、王立魔法学園に通う人気者で、エリザという婚約者までいる。だが彼は彼女をそっちのけで、最近まである一人の女の子に夢中だった。だが、それもパタリとやむことになる。それには理由があった。なにせ現代日本からきた「彼」が、クラウディンの体に乗り移ってしまったからだ。小説家になろう様でも連載しています。
24hポイント 0pt
小説 87,233 位 / 87,233件 恋愛 23,018 位 / 23,018件
文字数 37,066 最終更新日 2018.09.04 登録日 2018.07.28
 私の名前は薫という。今年で歳は二十半ばを迎える。父を結核で亡くし、幼い姉妹達を養うため叔父の家に女中として奉公に行った。そして、そこで叔父の息子「清太郎」と出会うことになる。あれは、まだ清太郎さんが両の手の指で数えられる年齢の時のことで。同時に私が丁度齢二十になった時のことでもあった。そして彼を一目見たとき、年齢も、立場も違う彼に恋をしてしまった。だが、それは彼も一緒だったのだ。※「小説家になろう」にて同時掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 恋愛 4,789 位 / 4,789件
登録日 2018.07.22
 ラングランド王国に甚大な被害をもたらす竜が倒された。竜を倒した者に与えられる権利は、王の娘との婚姻だった。王には二人の娘がいた。姉のアンジェと妹のリコエッタ。美しい姉のアンジェと幾分劣る妹のリコエッタ。皆がアンジェのために剣を取ったが、竜を倒した勇者シオンはリコエッタを選ぶ。皆から祝福されるものの、だがアンジェだけは違っていた。それがすべての歯車が狂う原因だった。※「小説家になろう」にて同時掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 恋愛 4,789 位 / 4,789件
登録日 2018.07.22
 母の香水は大人のにおいがした。嗅いだことのない香りで、なんというか上品なサラダ油みたいなにおいだった。私は、香水を始めにつけた首筋の匂いを確認するため、顎を引き、くんくんと嗅いでみたけれど、自分の体につけた香水の香りがどんな匂いなのかさっぱり分からない。香水とはこういうものなのだろうと、何となく納得するしかない。これで彼の気を引ければいいのだが、本当のところは不安だった――。※「小説家になろう」にて同時掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 恋愛 4,789 位 / 4,789件
登録日 2018.07.22
 カンパネラは妾の子として、本来、社交界に通うことができない身分だ。だが、彼女は持ち前の美貌である琥珀色の目に、新雪の様な綺麗な白髪、整った顔立ち、目つきが鋭いことは除く。それらと優れた頭脳を最大限に生かし、男達を手玉に取り、成り上がって社交界や政治の場に参加出来るようになった。そして彼女は父親のコネを使い、この国の第7王子マルテッロ・オーギュスタと婚約するため、彼との顔合わせをセッティングする。*「悪役令嬢の私がただのツンデレになったのは、婚約者の貴方のせいよ!」の連載版になります。※「アルファポリス」にて同時掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 恋愛 4,789 位 / 4,789件
登録日 2018.07.22
 アントワーヌ=サン・テグ・ソレイユは子爵令嬢だ。彼女は春先まで、この国の第三王子エトワールの婚約者だった。だが突然、好きな人が出来たと彼に別れを告げられる。失意のどん底に落ちるアントワーヌ。季節が夏に移り変わっても、家で塞ぎ込んでいた彼女だが、少しずつ立ち直りつつあった。毎夜、壁越しに立ち、自分に話しかけてくれる人がいたからだ。それが彼女の唯一の楽しみだった。けれどある日、その人に別れを告げられる。※「小説家になろう」にて同時掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 恋愛 4,789 位 / 4,789件
登録日 2018.07.22
6