2
恋愛 連載中 短編 R18
忍びの里に生まれたくのいち 「ヒヨ」  里は代々伝わる「変幻の術」を才ある者に伝承し そして彼らは偵察や間者、暗殺、貴重情報や資料など収集する仕事に雇われる。 ある日いつもと変わらなく依頼を受けたら........ 今や天下を轟かせる人物の右腕の依頼だった  彼の忍びとして雇われ,任された任務は内から謀反を起こしうる危険分子を見つけ出す事だった。  人を近づけようとしない謎の多い主人である輝也 と関わる中彼女は少しずつ 彼の事に関心し始める......  そして主従でありながら お互いを思いも 身分違いで踏み止まる輝也。 「私の命令に従え無いなら貴方はもう不要です。」 「輝也様!ッ....私は貴方にとって何んですか?.....ただの...道具でしかないのですか......?答えてください!」 「...........君と私は初めから主従関係に過ぎない。」 そしいつしか彼女は暗闇の中へ消えていった...... 貴方に恋をしてしまったのが間違いなの?それとも出会ってしま事が間違いだった........
24hポイント 0pt
小説 80,161 位 / 80,161件 恋愛 21,339 位 / 21,339件
文字数 5,023 最終更新日 2020.05.25 登録日 2020.05.25
恋愛 連載中 長編 R15
ステルラ帝国に生まれた第三王子 『リュクセン・ウェイン・ステルラ=ヴァイスマン』 彼の母親はかつて帝国に侵略された隣国の王女であり帝国に復讐しようと反逆行為をしてしまい リュクセンの幼き頃に処刑をされ,以来彼は反逆者の子として名ばかりの王子となった。 妖精の如く美しい彼は帝国の腐敗して行くのを目の当たりし,私腹を肥やし腐りきってる王族や貴族を心底湖に諸共沈めてやりたいが 彼は反逆者の子であり 権力など無いにも乏しい存在から皇帝への道 「リュセ様は私が心身共に隅々まで世話をしますので何のご心配はいりません」 「いや、心配しかないな。主に貞操の方」 ___________ 「すまない......ルーをそういう感情では見られない.........」 「リュセッ!お願いだ.......俺を捨てないでくれ.....側から....離れないでくれ.......」 ___________ 「何があっても貴方の側に.....そう誓うと決めた......」 「それが君の選択なら。もう何も言わないさ。」 「リュセ.......この命ある限り貴方と共にある事を誓う........だからもう二度と目の前から消えないくれ.....」 ............. ......... ..... ...
24hポイント 0pt
小説 80,161 位 / 80,161件 恋愛 21,339 位 / 21,339件
文字数 15,863 最終更新日 2020.05.24 登録日 2020.05.20
2