美し過ぎる第三王子は鬼畜で悪魔。

ステルラ帝国に生まれた第三王子

『リュクセン・ウェイン・ステルラ=ヴァイスマン』
彼の母親はかつて帝国に侵略された隣国の王女であり帝国に復讐しようと反逆行為をしてしまい
リュクセンの幼き頃に処刑をされ,以来彼は反逆者の子として名ばかりの王子となった。

妖精の如く美しい彼は帝国の腐敗して行くのを目の当たりし,私腹を肥やし腐りきってる王族や貴族を心底湖に諸共沈めてやりたいが
彼は反逆者の子であり
権力など無いにも乏しい存在から皇帝への道




「リュセ様は私が心身共に隅々まで世話をしますので何のご心配はいりません」

「いや、心配しかないな。主に貞操の方」
___________

「すまない......ルーをそういう感情では見られない.........」


「リュセッ!お願いだ.......俺を捨てないでくれ.....側から....離れないでくれ.......」

___________


「何があっても貴方の側に.....そう誓うと決めた......」


「それが君の選択なら。もう何も言わないさ。」


「リュセ.......この命ある限り貴方と共にある事を誓う........だからもう二度と目の前から消えないくれ.....」

.............
.........
.....
...
24hポイント 0pt
小説 80,157 位 / 80,157件 恋愛 21,338 位 / 21,338件