高乃

高乃

高乃です。カフェインをこよなく愛するしがない社畜の物書き。一次創作メインで創作活動を行っています。
2
 死んだはずの僕が蘇ったのは異世界。しかもソーシャルゲームのように武器を召喚し激レア武器を持つ強者に軍戦略が依存している世界だった。  前世、高槻亮(たかつきあきら)は21世紀を生きた日本陸軍特殊部隊の軍人だった。しかし彼の率いる部隊は不測の事態で全滅してしまい、自身も命を失ってしまう。  しかし、目を覚ますとそこは地球とは違う世界だった。  二度目の人生は異世界。  彼は軍人貴族の長男アカツキ・ノースロードという、二十二歳にも関わらず十代前半程度でしかも女性と見間違えられるような外見の青年として生きていくこととなる。運命のイタズラか、二度目の人生も軍人だったのだ。  だが、この異世界は問題があり過ぎた。  魔法が使えるのはいい。むしろ便利だ。  技術水準は産業革命期付近。銃等の兵器類も著しい発展を迎える頃だから大歓迎であろう。  しかし、戦術レベルなら単独で戦況をひっくり返せる武器がソーシャルゲームのガチャのように出現するのはどういうことなのか。確率もゲームなら運営に批判殺到の超低出現確率。当然ガチャには石が必要で、最上位のレア武器を手に入れられるのはほんのひと握りだけ。しかし、相応しい威力を持つからかどの国も慢心が酷かった。彼の所属するアルネシア連合王国も他国よりはマシとは言え安全保障は召喚武器に依存していた。  近年は平穏とはいえ、敵国の妖魔帝国軍は健在だと言うのに……。  彼は思う。もし戦争になったらガチャ武器に依存したこの世界の軍では勝てない。だから、改革を進めよう。  これは、前世も今世も軍人である一人の男と世界を描いた物語。 【イラスト:伊於さん(Twitter:@io_xxxx)】 ※本作品は小説家になろうでも公開している作品です。こちらでは文章など一部、修正などもしております。
24hポイント 63pt
小説 6,567 位 / 60,678件 ファンタジー 1,681 位 / 19,435件
文字数 1,562,390 最終更新日 2019.12.03 登録日 2019.06.08
現代文学 連載中 長編 R15
その彼女、子供のような体躯にて戦場を神速が如く舞い、狂気の笑みで仇敵を屠る。  これは小さな女性の、大きな復讐劇の物語。  二十一世紀も数十年経った頃、経済危機、政治不審、宗教対立、水利権などあらゆる問題が噴出した世界は混沌と化してしまった。今日も世界のどこかで紛争による銃声が響き渡り、どこかの街ではテロが起きている。先進国ですら、最早それらとは無縁ではない。  そんな世界で、大切な人を失ったとある爆発テロをきっかけに強くなる為にと、大切な人を守る為にもと軍人になった如月莉乃。彼女は26歳でありながらその身長は143cmと、まるで子供のような身体である。  だが、軍に入ってから血の滲む努力の結果、類希なる射撃技術の才能を開花させる。さらには小さい体型を活かした格闘術なども身につけるなどして実力を示し、特務大隊を率いる隊長にまでなっていた。  しかし、彼女の環境は急変する。とある任務の失敗を境に大切な部下を奪われさらには軍籍を剥奪される。挙句の果てには大切な場所すらも奪われて、海外に追われてしまった。  かけがえの無い多くを失ってしまった莉乃。  彼女の目指す復讐劇とは。  果たした復讐の先にある、彼女の目に映る景色は。  私は必ず、復讐を遂げてみせる。  絶対に、絶対にだ。 ※本作品は小説家になろうにても公開しております。
24hポイント 21pt
小説 12,167 位 / 60,678件 現代文学 283 位 / 2,664件
文字数 610,564 最終更新日 2019.12.03 登録日 2017.05.05
2