1
 放置していれば魔物が外に出てきてしまう異界への扉は、今では総称してダンジョンと呼ばれている。  ダンジョンから出てきた魔物は、多くの人的被害を出したことから恐怖の対象でもあったのだが、魔物から採れる魔石にはエネルギー源としての価値があることが分かり、いつしか発電施設に取って代わる存在となっていった。  そして、ダンジョンに入り魔物を倒し、魔石を持ち帰ることを生業とする者は探索者と呼ばれるようになった。  日本にも大小様々なダンジョンが発生しているが、その中でも政府が直接管理を行っていない、中程度のダンジョンを中心に発展してきている街がいくつかある。  これは、そんなダンジョン街の一つである、アブクマで探索者として活動する探索者たちを主人公にした物語。
24hポイント 306pt
小説 3,032 位 / 77,585件 ファンタジー 725 位 / 22,379件
文字数 161,038 最終更新日 2020.07.15 登録日 2020.04.23
1