2
時は天保元年、巷では伊勢の御蔭参りが大流行中で八百万の神は今よりずっと身近に存在していた。 同じく見えざる者の一角である妖かしも然り、その姿をあからさまに晒すようなことは無くとも、人々の生活に寄り添って確かに暮らしていたそんな時代。 出不精で好きな物はゴロゴロとぐうたらの札差の良膳と、威厳を振りかざすもどこか間抜けな妖かしの風路、一人と一匹が江戸の町でゆるゆると暮らします。
24hポイント 0pt
小説 77,045 位 / 77,045件 キャラ文芸 1,864 位 / 1,864件
文字数 12,764 最終更新日 2019.01.02 登録日 2019.01.02
ある日、目が覚めると異世界だった。テンプレ通り女神が、、、出てこない! 豊富な妄想力とファンタジー寄りな嗜好、頼んでも無いのに用意された暗黒属性を駆使して、言われるがまま攫われるがまま振り回される主人公。 少年を待ち受けるのは神か魔王か、 それとも獣耳か悪魔の尻尾か緑鱗巨体オネエか!? 怯まず進め!行けばわかるさ! 少年よ、運命と縁にその身を委ねるのだ! [小説家になろう投稿作品]
24hポイント 0pt
小説 77,045 位 / 77,045件 ファンタジー 22,266 位 / 22,266件
文字数 112,931 最終更新日 2019.01.02 登録日 2018.12.09
2