1
 その日、神の手により『覚醒するスキル』と言う名の魂が地上へと降臨された。  しかし、スキルの魂が地上へと降臨した直後、何らかの理由により、幾つかのスキルが反射的に覚醒してしまう。 『覚醒するスキル』は、行き倒れていたユキジと言う名の少年の記憶を奪い、新たな肉体を生成。魂だった筈の存在が、人間の真似事まで始めてしまったのだ。  地上に降ろした魂には、神の力に匹敵する999個の覚醒するスキルが宿っている。最早、神々にも簡単には手出しはできない存在となっていた。 『覚醒するスキル』は、少年の亡骸から奪った記憶を自分の物だと勘違いし、生前の彼の意思の赴くままに街へと向かった。
24hポイント 227pt
小説 2,721 位 / 36,318件 ファンタジー 994 位 / 13,169件
文字数 50,341 最終更新日 2018.09.12 登録日 2018.08.12
1