1
ある日の登校中、老人の運転する乗用車に轢かれ若くして亡くなった主人公の神永龍。 言い分はこうだ。 「ある惑星に転生し、その世界を救ってもらいたい」 いくつかの条件を吞んでもらい、惑星エフェソスの中で最も大きいユグメリア大陸の南部にあるバルチウス王国の公爵家、ホイヘンス家に名前の記憶のみを無くし養子として転生した。 授かった名前はドラーク・ホイヘンス。ドラークは地球ではオランダ語で『龍』。 前世と同じ意味の名を授かったドラークは、その名の通り......ではなく、一般的な人々と同じように育っていた。 転生してから3年、8歳を迎えたドラークは王都の教会で【ステータス】を得られるカードを受け取った。 その日が転機となり、彼の日々は急変する......。
24hポイント 0pt
小説 59,047 位 / 59,047件 ファンタジー 19,075 位 / 19,075件
文字数 21,397 最終更新日 2018.10.12 登録日 2018.05.15
1