しろっくま

しろっくま

1
さてと、仕上げのパックして……と鏡を見た瞬間、月がブワッと白く発光し衝撃が全身に走った。 気がつくと、見知らぬ土地でケモノコスプレしてた私、月宮沙羅。ちなみに二十四歳、男っ気まったくなし。 ここ一体どこなのよっ、私ってばどうなっちゃうの? 週一より早いペースでも更新できそうな感じです。気長にお付き合いいただければ幸いです。 この作品、なろうさんにも掲載しておりますが、そちらより細分化して投稿する予定です。
24hポイント 63pt
小説 6,870 位 / 60,572件 ファンタジー 1,767 位 / 19,406件
文字数 402,895 最終更新日 2019.11.28 登録日 2018.01.16
1