ハリマオ65

ハリマオ65

65歳、地味な小説を書いてますが、人様の心の琴線に触れるような作品を書くように書き続けますので宜しくお願いします。
23 12
1959年・橫浜港が開港した頃、山梨、群馬、長野、埼玉からの生糸が、八王子絹の道を経て、 横浜港に集まるようになった頃、八王子は生糸の一大集積地であり、桑都と呼ばれた。近くの鑓水村には、 鑓水商人と呼ばれた商才に長けた人々がいて、文明開化の夜明け、1859(安政6)年の横浜開港をきっかけに、この地で生産された生糸は、絹の道を通じて横浜へ運ばれ、彼らは鑓水と世界を仲買する役割を 担いました。 その鑓水商人の末裔が、橫浜の生糸商店で成功して、やがて、船でフランスのマルセイユに渡り、 商売を始め、子供、孫、ひ孫達が、活躍して、欧州、米国、日本で貿易をして、大きくなって行った、 歴史を書いた小説です。是非、ご覧下さい。
24hポイント 306pt
小説 2,435 位 / 43,006件 歴史・時代 14 位 / 436件
文字数 52,392 最終更新日 2019.03.23 登録日 2018.12.21
1970年代、集団就職列車で、地方の中学卒業した若者が、東京めざして、上京してきた。そうして、 新しい産業の担い手として、金の卵と呼ばれていた。しかし、給料が高いわけでもなく、与えられた、 寮は、決して良い環境とは言えなかった。そんな中で、努力して、ある若者は、定時制高校を出て、 専門職に就いたり、稀に、雇い主が、できた方で定時制高校卒業して、優秀な学生を大学の夜学や、 更に超優秀な人は、有名大学に入って、社長の後を継ぐケースもあった様だ。この小説は、 そういう若者の東京へ出て来たからの人生模様を描いてみたので、是非、ご一読いただきたい。
24hポイント 0pt
小説 43,006 位 / 43,006件 現代文学 1,447 位 / 1,447件
文字数 137,452 最終更新日 2019.03.13 登録日 2019.02.18
川越の廻船問屋の末裔の塚田守は、先祖の富のため、何不自由ない生活をして、小さいときから、 英才教育を受けで、成績も良く、東大工学部電子工学科に入学して、来たるべき時代の先駆者と なるべく勉強していたが、大学4年の時に突如、強烈な頭痛に襲われ、精密検査を受けると、 小さな脳腫瘍が見つかり、当時、始まったばかりの放射線照射療法で、その腫瘍を小さくして、 治療しようと言うことになり、毎年1回、放射線を患部に照射し、その後、腫瘍の大きさを 調べて、3回目で小さくなり、症状が出なくなった。しかし、寝てるときに、変な夢を見るように なった。その後、数奇な運命に翻弄されながらも、自分の行きたい所へ、行き、ゆっくりとした 生活を夢見ていく。
24hポイント 0pt
小説 43,006 位 / 43,006件 現代文学 1,447 位 / 1,447件
文字数 41,684 最終更新日 2019.02.17 登録日 2019.01.29
北関東の豪農の息子として生まれた石津健之助は、戦争直後も食べるものにも困らず、 優秀な成績で地元高校卒業し、慶応大学商学部を卒業、製薬企業のプロパーとなった。 ハンサムな容貌と、人なつっこい笑顔、話し上手で、病院の先生にも、ナースにも、 すこぶる評判が良く、地方転勤して、山間部に出張に出かけ、当初、ホテルに泊まって いたが、地元の女性の家に呼ばれるようになり、外勤手当、出張手当が浮き、貯金し 金を貯めた。もちろん営業成績も良く、どんどん出世していき、仲良くなったナース と結婚した。しかし、早朝から夜遅くまでの外勤で、知らず知らずのうちに、 過労が身体をむしばんでいき、信州で冬の朝、早朝訪問に出かける前、玄関先で 倒れた。診察受けた医師から休養を命じられ、失意のうちに退職し、熱海に移り住み 、仲間ができ、マンションでの友人もでき、思いも寄らない形で富を得て、投資を 開始、海外旅行、クルーズと人生を楽しみ、ポルトガルの「ゴールデン・ビザ」を しって、ポルトガルを旅すると、その地での、ゆっくりとした時の動きに感激し 長期滞在するようになった。友人、後輩にも紹介すると、喜ばれた。 しかし2018年、2019年と予期せぬ、世界情勢の変化での翻弄された。
24hポイント 0pt
小説 43,006 位 / 43,006件 現代文学 1,447 位 / 1,447件
文字数 110,758 最終更新日 2019.02.09 登録日 2019.01.20
 営業所での勉強会の司会をしている最中に強度の、 めまい発作で倒れて、外勤できなければ、辞めてもらう と会社から、遠回しに言われて、上司の助けも得られず、 不本意ながら早期退職を余儀なくされて、人生の悲哀を 感じた。ちょっと前に、橫浜で一戸建ての新居を購入し、 大学に通う子供がいて、財政破綻の可能性が高い、 病気が治癒していき、その現実が襲いかかい、愕然 としたが、そこから、生きていくための、新たな 戦いの日々が始まった。その詳細については、 この小説をご覧下さい。宜しくお願いします。
24hポイント 0pt
小説 43,006 位 / 43,006件 現代文学 1,447 位 / 1,447件
文字数 20,003 最終更新日 2019.01.19 登録日 2019.01.16
現代文学 連載中 長編 R15
村下創は長野県の業績を10年に2倍にして東京の多摩営業所に 転勤になり、多摩営業所で業績が伸びなくて困っている山梨県の 立て直しを託された。しかし、赴任した、多摩営業所は、問題 山積だった。そこで、巻き起こる、数々の事件を解決して行く、 その後、訳あって、古巣の橫浜営業所の業績、建て直しのため 転勤し、大阪から来た個性的な新所長ととの絡み合いで・・・。 後は、是非、ご覧いただいて、楽しんで下さい。  
24hポイント 0pt
小説 43,006 位 / 43,006件 現代文学 1,447 位 / 1,447件
文字数 22,699 最終更新日 2019.01.15 登録日 2018.10.18
現代文学 連載中 長編 R15
村下創は新潟県から同じ新潟営業所担当の長野県の 責任者を命ぜられて、転勤していく。そこでは思いも よらないコンピュータの医療への応用の黎明期であり、 その仕事を介して大学に食い込み、県内の基幹病院や 派遣の先生に食い込んで行き、業績を伸ばしていく。 仕事だけでなく、プライベートに巻き起こる出来事、 赴任地の仲間との交流の話など、盛りだくさん。 是非、ご覧下さい。
24hポイント 0pt
小説 43,006 位 / 43,006件 現代文学 1,447 位 / 1,447件
文字数 40,151 最終更新日 2019.01.10 登録日 2018.10.17
現代文学 連載中 長編 R15
 主人公の村下創が鋳物系化学薬品の町工場の工場長に、 鋳物関連は斜陽産業だから、若いのだから、将来性のある 業種に転職したら良いといわれ、工場長に推薦状を書いてもらい、  不況に強い、医薬品製造企業への転職を決意して合格した。 、3ヶ月の教育研修へ行く。研修を終えて、村下の地元、 橫浜営業所に配属され学術営業マンとしての第一歩を踏み出す。  そこでのエピソードと転勤後の、営業活動などの出来事を ユーモアをまじえて書いた、作品です。是非、ご覧下さい。
24hポイント 0pt
小説 43,006 位 / 43,006件 現代文学 1,447 位 / 1,447件
文字数 27,908 最終更新日 2019.01.02 登録日 2018.12.29
現代文学 連載中 長編 R15
 1906年に主人公、村下創の祖父、村下一郎が土浦の 郊外の貧しい農家で生まれ、頭も良く、計算が速く、手先が 器用で実家から近い、霞ヶ浦飛行場で海軍飛行予科練習生 (予科練)に入隊し日本発の飛行船の機関士になったが 1924年3月に飛行船の発火爆発事故で亡くなった。 その時、奥さんのお腹の中には、長男の村下敬一がいて、 その年の6月に生まれたが、父と会うことは、できなかった。 その後も、諸般事情で奥さんは、一郎の弟と再婚して6人の 子供を儲けた。村下敬一は父と反対で賢くなく、尋常小学校を 出て農家を手伝いして18歳の時、招集された敵機の攻撃で 太ももに大怪我を負って実家に戻り、21歳の時、近くの農家 の池田絹恵と結婚し、子供を儲けたが貧しい農家、食料 の少ない時代で極度の栄養失調で生まれた長女は、すぐになくなった。 2年後に、再び妊娠し、栄養に気をつけて無事、男の子出産したのが、 主人公の村下創とだった。 その後、実家で暮らすことができないと判断して、上京し、 橫浜で新たな生活をはじめた。その後の村下創の学校時代、 オイルショックと就職など青春時代を克明に書いた物語。  是非、ご覧下さい。
24hポイント 0pt
小説 43,006 位 / 43,006件 現代文学 1,447 位 / 1,447件
文字数 35,155 最終更新日 2018.12.30 登録日 2018.11.17
 主人公、立山哲男は1953年12月4日、横浜市金沢区、 貧乏漁師の家に生まれた。苦学したが、努力して金沢高校から 横浜市大商学部へ入学、株に興味を持ち、大学の株投資サークル に入り、卒業してからも夜勤の仕事をしながら投資を続け、 4人と株仲間を作り100万円ずつ出し合って合計400万円 を元手に立山哲男が株投資を始めたが、数年で恋人の木村泉と 2人だけになり、彼女と急接近し結婚し子供ができた。  彼女は小さな貿易会社で働き、哲男は株投資を続けて・・・。  その後、波瀾万丈の物語が、始まる。  内容については、小説を、ご覧下さい。  宜しくお願いします。
24hポイント 0pt
小説 43,006 位 / 43,006件 現代文学 1,447 位 / 1,447件
文字数 59,400 最終更新日 2018.12.22 登録日 2018.12.13
 北関東の田舎から、都会を夢見て、 上京して、苦しい生活を経て、冒険の 様な日常生活を送って、不幸な事件に 遭遇しても、前を向いて生きていく、 やがて、チャンスが巡ってきて就職、 その後、待ち受けている試練と冒険、 是非、読んで、お楽しみ下さい。
24hポイント 0pt
小説 43,006 位 / 43,006件 現代文学 1,447 位 / 1,447件
文字数 43,188 最終更新日 2018.12.13 登録日 2018.12.05
橫浜家具の優れた職人である山下総一郎の孫の山下健一は育った 所が橫浜・関内の近くで中華街も近く、小中学校でも華人の 友人も多く偏見もなく、商売を志し橫浜市大商学部に入り、 卒業後、父の友人の不動産業界で販売のカリスマと呼ばれる 平田泰三の紹介で、三菱地所に就職した。 その後、橫浜湾岸エリアの億を超える豪華マンションを売ろうと 頑張るが難しく、苦戦した。その後、カリスマ平田泰三の息子、 平田浩一気に入られ、投資の世界に足を踏み入れる、 その後の奮闘記と、新しい事業など、是非、ご覧下さい。
24hポイント 0pt
小説 43,006 位 / 43,006件 現代文学 1,447 位 / 1,447件
文字数 39,916 最終更新日 2018.12.04 登録日 2018.11.28
主人公の海津一郎は敏腕セールスマンで夏休みに 山陰の海辺の町に行ったとき都会で身を粉にして 働き、息が詰まる様な生活するのに疑問を抱いた。 こんなゆったりと時間の流れる場所があるのかと 思い農家民宿の主人にも子供3人で大家族の移住には、 補助金モデルから移住を考えたらと言われ、心に さざ波がたち奥さんと話すと気持ちはわかると言い、 奥さんの実家に相談すると若いからやり直しも効く、 やってみたらと背中を押されて、移住を決意した。 その後、移住先での大活躍と、いろんな事件、 まだ、どんでん返し・・・を、お楽しみ下さい。
24hポイント 0pt
小説 43,006 位 / 43,006件 現代文学 1,447 位 / 1,447件
文字数 65,946 最終更新日 2018.11.28 登録日 2018.09.16
現代文学 連載中 長編 R15
安田達夫の祖父、安田清は八王子の生糸問屋の次男で生まれたが。生来、悪ガキ で16歳の時、店の生糸を闇ルートに流して儲けたが、これが親に見つかり 勘当され家を出された。稼いだ金で短期間に株を買い、大儲けして1920年 22歳の時、大きな財産を手にした。  1923年9月1日の関東大震災の時、都心は焼け野原になったが武蔵野にい て奇跡的に地震の影響をほとんど受けず済んだ。その後、没落貴族の困窮した生 活につけ込んで言葉巧みに高利で金を貸し、その担保に屋敷を取り返せない事が わかると屋敷を手に入れた。その後の昭和4年の昭和大恐慌の時も、高利貸しを して政治家、高級官僚、没落貴族、有名人相手に高利貸しをして、大判、小判、 美術品、書、食器、陶器などを差し押さえて私腹を肥やしていた。  戦後の闇市でも、金に物を言わせて、悪ガキ達を集め、田舎の百姓から食いも のをかっぱらったり、漁村で魚を仕入れて、闇市で売って、大儲けをした。また、 いわゆる闇市成金だった。戦後の混乱期に大きな家を構え、比較的良い生活をし ていた。みんなが食うに困っているのに恵んでやる事もせずに大きな金庫に大金 をいれて相変わらず法外な利子で没落貴族に金を貸して大儲けする世間の嫌われ 者だった。  多くの月日が流れた1951年8月11日に、孫の安田達夫が生まれた。安田 清は達夫を随分、可愛がた。しかし算数だけは、しっかりやっておかないと金勘 定で誤魔化されて損すると、うるさく言いソロバンと暗算は徹底的に教え込み、 全国珠算連盟3段の免状を取った。一橋大学の受験に失敗し、祖父のコネと 全国珠算連盟3段の腕を見込まれ三井銀行に入社した。 その後、新潟で知り合った、夢子と結婚して、三井銀行でコンピュータ導入時の 功績で若い年で役員になり、激務と金ができたことで、早期退職し、レストラン 経営に、首を突っ込み、自分の子供達も巻き込んで、大活躍するというとストー リーです。
24hポイント 0pt
小説 43,006 位 / 43,006件 現代文学 1,447 位 / 1,447件
文字数 78,661 最終更新日 2018.11.20 登録日 2018.10.17
池田松男は裕福でない専業農家に生まれ小さい頃から朝と晩の 新聞配達のアルバイトをして小遣いにしていた。それでも、 めげずに勉強をして中央大学商学部の夜間部に入学して卒業した。  小さい時から愛想が良く、人なつっこい性格のため友人も多く 、その性格を利用して保険会社の営業部に就職して営業活動を始めた。 入社3年目にして多摩営業所での契約件数トップになり新しい顧客の輪が広がって いき接待を通じて相手の懐に入り世田谷営業所の所長まで出世したが2000年の 不況でリストラの嵐が吹き部下を退職させられす自分が早期退職して飯能の小さな アパートに移った。 その後、近くに幼い兄弟が引っ越して来て、松男の人なつっこい笑顔と 優しさにひかれ、母が帰る夜8時まで松男に家に来て、おやつや夕飯を 食べるようになり、幼い娘がお母さんと結婚してと突然、言われた。 後は、読んでのお楽しみ・・・
24hポイント 0pt
小説 43,006 位 / 43,006件 現代文学 1,447 位 / 1,447件
文字数 55,920 最終更新日 2018.11.16 登録日 2018.11.07
主人公の木下信夫は1958年、千葉の五井で生まれ、親に300万円を 借りて日本株投資をはじめた。千葉大卒業後、三菱銀行、千葉支店に入行し、 結婚した和美さんは経理、信夫は営業・外勤に配属され懸命に働いた。 銀行の給料は良かったが販売ノルマが課せられたが業績表彰も 受けた。しかしノルマが重くのしかかりストレスは半端なものではなかった。  長男、栄一、長女、華子が誕生し年収も増えたが、ストレスで体調を崩した。 株で儲けた事もあり、奥さんと2人で41歳の若さで銀行を退職し 自宅療養に励み徐々に体調が回復した。その後の人生を待ち構えている 試練と冒険、友人とのかかわり、・・是非、読んでみて下さい。
24hポイント 0pt
小説 43,006 位 / 43,006件 現代文学 1,447 位 / 1,447件
文字数 48,345 最終更新日 2018.11.06 登録日 2018.10.30
 木下家は徳川家の関連の旧華族で由緒正しき名家で東京に大きな屋敷 を持ち、大正時代には池袋から渋谷の間の広大な土地を持って政界、 財界、軍上層部との強いパイプがあり第一次大戦後1915~20年 の空前の好景気、大正バブルの時に持っていた広大な土地を新興財閥 の大金持ちに全て売り払い、その資金で秘密裏に友人の三井物産の役員、 山下真一に依頼して多額の金地金144Kgを買ってスイスの銀行に 保管した。関東大震災の時も武蔵野の自宅は、ほぼ無傷で残った。 佐藤和彦弁護士に依頼し、遺言信託の手続きをとり、その数ヶ月後、  1945年9月、木下康男は玉音放送を不服として自決した。 孫の木下七郎は木下家の家訓で子供には教育熱心で専属の家庭教師 をつけて、しっかり教育し、子供達が英才教育を施され、語学、数学 、文学、音楽を小さい時から、みっちり教え込まれた。 七郎が6歳になった1959年の秋、子供達の見聞を広めるために米国へ海外 旅行を計画し、最初米国の約1ヶ月の長期旅行に出発したが、次男の七郎だけ がインフルエンザにかかり東京の家にお手伝いさんと共に残った。  その1ケ月後、木下家人達が米国から日本へ帰る飛行機が事故で墜落し 家族全員が亡くなり、木下家では七郎だけが生き残るという悲劇に見舞われ 天涯孤独の人生を歩むことになった。その後、横浜のンターナショナルスクール で知り合った、RCH(ロスチャイルド家)の末裔、リチャードに可愛がられて 、いろんな冒険や試練を経験するが、ほとんどが先人や友人の助けで為し得た、 事ばかりで、自分1人では、何一つできてないと、後悔する・・・、後は、 是非、読んでみて下さい。
24hポイント 0pt
小説 43,006 位 / 43,006件 現代文学 1,447 位 / 1,447件
文字数 51,373 最終更新日 2018.10.16 登録日 2018.09.12
 親が子を思う気持ちは海より深いというが自分は子供を育てる自信がないか ら乳児院に入れると言う母親も見て、それはひどい自分で産んだ子を乳児院 に入れるのかと叫び、それじゃー、あの子達が、あまりにも可哀想じゃないです かと声を荒げた。これには、たまらず秀夫がと章子が引き取って育てると言って しまった。そうして、子供達は、それぞれの才能を発揮して、一生懸命勉強して、 一流高校、大学、企業に入った。その後、沖縄の平和祈念館とひめゆりの塔をみ て、何か人のためにしなければと言う気持ちが芽生えた・・・ その後の活動やストーリーの展開を、是非、ご覧下さい。
24hポイント 0pt
小説 43,006 位 / 43,006件 現代文学 1,447 位 / 1,447件
文字数 63,771 最終更新日 2018.10.06 登録日 2018.09.24
 老人問題について、介護の必要の無い高齢者の老人シェアハウスを 通じて書き上げたものです。  ただ、つまんなーそー、と言うだけでなく、中身を読んで、 自分の将来について、考えを巡らしてみていただきたいと思います。
24hポイント 0pt
小説 43,006 位 / 43,006件 現代文学 1,447 位 / 1,447件
文字数 44,024 最終更新日 2018.09.24 登録日 2018.09.24
インドのマハラジャがイギリスの植民地時代に領地を没収されて、 命からがら日本に逃げてきて、両親がインド料理屋をやって いたが、息子は宝石商になりたくて、店で修行をした。 その後、いろんな女性を味方につけたり、だまされたりして 試練の果てに、自分のやり方を確立して、幸せを掴む と言う話。面白いから、是非読んで下さい。
24hポイント 0pt
小説 43,006 位 / 43,006件 現代文学 1,447 位 / 1,447件
文字数 40,211 最終更新日 2018.09.23 登録日 2018.09.22
23 12