ハリマオ65

ハリマオ65

地味な小説を書いてますが、人様の心の琴線に触れるような作品を書くように書き続けますので宜しくお願いします。
35 12
小田哲二は1949年6月12日生まれたが、父親の顔は知らず、一番昔の思い出は、 菓子屋の陳列棚だった。その理由は母が希望せずに妊娠して生まれてきて世話が できないので親切な貸家のにこやかな、おばあさんに母の照子さんが預けて飲み屋で 働いていたからだ。店番して計算が早く大人と話すのが上手になり、小、中学でも 優秀な成績で近所の名門都立高校に合格して東大をめざし昔の受験問題を必死に解き 東大に合格した。その後、母が飲み屋の常連さんと駈け落ちしアメリカへ行った。 その時、抑えきれない怒りの感情が爆発したが、おばあちゃんがなだめてくれ、 落ち着いた。その後、哲二は大学を卒業、Y証券に就職した。そんな、ある晩、 店に帰ると、大勢の人集り、何かあったなと思い店に入ると、おばんちゃんが 倒れていた。そして、既に息絶えていた。その後、商工会の会長の計らいで、 店を売り、お金が哲二に入った。その後、中学時代の彼女と結婚し、子供が出来 、新しい生活を始め、日本の成長期で株で儲けた、しかし自分の勤める証券会社が やばいと教えられ、独立して株屋・哲二となった。その後、自分も投資は始め、 以前の上客に情報を提供しバックマージンをもらい財産を作る。その後の激動の 歴史をして、いろいろな出来事を経て、海外旅行を楽しみ、人生の後半のステージ を歩んでいくというストーリーです。是非、ご覧下さい。なお、この作品は 小説家になろうに重複掲載しています。
24hポイント 342pt
小説 2,543 位 / 53,838件 経済・企業 18 位 / 145件
文字数 92,475 最終更新日 2019.08.23 登録日 2019.08.07
 2018年、春、陰山一郎は新卒で大手自動車販売会社に入社しセールスコン テストでも優秀な成績で年収は同期でトップの手取り480万円奥さんは1,3、 5歳の子供をみる専業主婦。首都圏で駅近くの2DKのマンションに月12万円 で借りている。マンション諸経費、駐車場代6万円と、18万円(住居費)5万 円(食費)電気ガス光熱費3万円、税金、保険、医療保険、子供の習い事8万円、 スマホ3万円で、貯金は出来ない生活。陰山は営業所での新車の販売台数 コンテストで、初めて新人の吉田和夫に負けて報奨金五十万円を逃した。 上司の課長から新人の吉田和夫はスーパルーキーと誉められ陰山一郎に対して は営業スタイルが時代遅れなのかもしれないと言われ、もっと工夫が必要だと ハッパをかけられた。 その年の夏、山陰の海辺の町に家族で出かけ、海、山、温泉、自然の美しさに 感動した。宿泊した民宿の主人が、ここでは、わしら5万円で生活してると言い 大家族でも10万円もあればじゅうぶん生活できると言われ、心がざわめいた。 奥さんに話し、夫婦で移住を考え始め、その年の冬のボーナスをもらい、移住 を決意し、引越し、公営住宅を用意してもらい、田舎での生活がはじまった・・・ その後の活躍については、小説をご覧下さい。 冒険、騒動、事件や、どんでん返しが待ってます。
24hポイント 0pt
小説 53,838 位 / 53,838件 現代文学 2,222 位 / 2,222件
文字数 65,052 最終更新日 2019.08.08 登録日 2019.04.30
 安田武夫と清水律子は橫浜と川崎の境の橫浜東北部の古い農家の 集落に生まれた。山里で田んぼと里山の自然に恵まれて、春には 里山に多くのタケノコが出て、夏になると自然薯もみつかり、秋に なると、多くのキノコがとれ、自然、豊かな環境に育った。  清水律子の父の清水浩三が自治会の副会長をして、で安田家と 清水家は、親しくしていてた。そのため安田武夫と清水律子は 幼なじみで、小さい頃から遊んでいた。  2人は地元の小学校、中学校を卒業して安田武夫は理系が得意、清水律子は 文系が得意で英語に興味を持っていた。その後、清水律子が地元の進学塾に 入り勉強して上智大学をめざし、将来は英語を生かして欧米で仕事をしたい と言う夢を描いていた。  安田武夫は地元の高専の電気科を卒業してNECに就職。入社後、NEC ビット・イン秋葉原に配属された。そこには、マイコンの多くのマニアが集う 交流のだった。そこでの情報をNECに持ち帰り新型パソコンの開発に役立てた。 その後、安田武夫と清水律子の関係は、また、コンピュータ開発では、激務 の連続・・・、果たして、どうなっていくのか?それは読んでのお楽しみ。 この作品は、小説になろうに重複掲載してます。
24hポイント 0pt
小説 53,838 位 / 53,838件 経済・企業 145 位 / 145件
文字数 48,356 最終更新日 2019.08.06 登録日 2019.07.28
 雪深い、秋田の漁村で、生まれ育った、幼なじみの4人は、とにかく仲が 良かった。1人目の内藤哲人、彼は、口数は少ないが、人の心の中を見抜く, 特殊な能力と、天性の勘の鋭さがあった。2人目の内藤智惠、彼女は賢い、 悪知恵も働くし、何か事を起こすときには,うってつけの参謀だった。 3人目の斎藤渉は、弁舌が達ち、他人をのせ得たり、説得したりする、 話術の達人だった。4人目の海藤努は努力家で勉強熱心で本が好きで中学で、 よく本を借りて読んでいた。やがて中学を卒業すると、この当時、 当たり前のように、集団就職列車で、秋田の田舎の駅で、両親と別れの涙を 拭って、大都会東京へ向かった。 しかし、幸いなことに、4人とも、同じ商店街の寮に入り、働いた後、 夜間高校に通わせてもらったりして、総じて恵まれた環境だった。 池上智惠は、定時制高校普通科で,抜群の成績で、勤め先でも重宝がられて 高校2年で珠算3段の免状を取った。池上智惠は働いている商店主が教育熱心 で一橋大学商学部の受験を許してくれ返済不要の育英会奨学金を取って 受験して見事合格した。 その後、斎藤渉はトヨタ自動車の営業マン、内藤哲人は小さな証券会社に終了。 海藤努は生命保険会社セールスマン、池上智惠さんは三菱銀行の銀行員と、 それぞれ、就職していき、海藤努と池上智惠が結婚した。その後、多くの 試練や転職、株投資など、多くの試練を乗り越え、たくましく成長して 行く姿を是非ご覧下さい。 なお、この作品は小説家になろうに重複掲載しています。
24hポイント 71pt
小説 6,909 位 / 53,838件 経済・企業 35 位 / 145件
文字数 70,251 最終更新日 2019.08.05 登録日 2019.06.24
 本木徹子は東京の下町にある昔からの和菓子で育ち、その店は、 毎日、多くのお客さんが来る、繁盛店だった。毎日、店を利用する お客さんの顔と話してる内容から、その人の特長は、もちろん、仕事、 既婚、未婚、恋人のいるいない、恋人の名前など、聞こえた情報は、 片っ端から覚えてしまう、不思議な能力の持ち主だった。  そして、近くの交番でも、彼女の持つ情報で数件の事件の解決した  彼女自身も正義漢の強い性格で、警察官になるのが、夢だった。  その話が本庁でも評判になり、彼女と同じ能力のある人を集めて、 警視庁に特別犯罪行動分析課を作り、時間の犯人検挙率を向上さ せよという事になった。そのために、彼女が警察の試験を受け、 正式に警察官になった後、全国の警察から、彼女様な超能力のある人 を面接して集めて、犯罪撲滅に貢献してもらおうと考えた。  しかし、知りたくない情報まで知ることもあり、 本木は、自分の心の中での葛藤もあり、一時警察を辞め、 占い師をしたが、世の中の役に立つのならと、再度、 特別犯罪行動分析課の設立のために、自分の 様な人を探し出す仕事をする事にしながら、中学時代 の5人の仲良しの1人と結婚した。その後は、読んで のお楽しみです。 なお、この作品は、アルファポリスにも重複掲載 してます。
24hポイント 71pt
小説 6,909 位 / 53,838件 経済・企業 35 位 / 145件
文字数 62,011 最終更新日 2019.07.27 登録日 2019.07.11
神奈川から山梨に入ったところに清流の里・道志村がある。 そういう所、3人の恵まれない人達が集った。 その3人は、岩津良介、竹生幹男、須藤明美。 それぞれの恵まれない境遇にめげずに、周りの助けも うけて育っていった。そのうち岩津良介と須藤明美が 見えない糸で結ばれ、結婚し、子供を授かる。 その後、一緒へ旅行へ行ったりして仲良くなった。 竹生は、猛烈社員時代に身体を壊し療養生活をして、 株で資産を増やしていた。そんな竹生が岩津を呼んで 俺の資産を利用して恵まれない児童福祉施設を卒業した 子供達を助けろと指示され、行動開始。 そして、自分の働いていた工務店と奥さんの働いていた 料理屋の泉さんに、その子達を使ってもらうように働き かけて、いろんな事業に子供達を送り出す。 それからの多くのエピソートは、読んでのお楽しみ。 是非、ご覧下さい、宜しくお願いします。
24hポイント 0pt
小説 53,838 位 / 53,838件 経済・企業 145 位 / 145件
文字数 26,434 最終更新日 2019.06.22 登録日 2019.06.22
橫浜と川崎と町田の近くで生まれた久保伸介は定時制高校を出て 農家の跡取りになるものだと考えていた。ところが、1965年頃 、横浜市が港北ニュータウン計画をした。1965年に 第3京浜道路が開通し、その翌年1966年に東急田園都市線の 溝の口駅から長津田駅が開通し、今迄、橫浜の田舎だとか揶揄されていた 僻地が急に色めき立った。  そして昔は人が踏み入れない広大な山間部が次々をニュータウン として宅地化し高層マンションが建ち始めた。  もちろん、その地域の地主は、土地を橫浜市が整備した土地を 交換する形で手に入れ、生活がすっかり変わった。  そんな中、定時制高校を出て近所の工務店の手伝いなど一般の サラリーマンにならず過ごしてきた久保伸介は、多くの人や親友に 助けられ、人生を生きていく・・・。 その後の展開はいかに、それは、読んでのお楽しみ。 なお、この作品は、小説家になろうに重複投稿しています。
24hポイント 142pt
小説 4,628 位 / 53,838件 経済・企業 29 位 / 145件
文字数 54,999 最終更新日 2019.06.18 登録日 2019.06.05
副島家は名門で裕福で大きなお屋敷を持っていたが、戦後、落ちぶれた。 しかし、副島行雄は訳あって北信電機製作所に勤めて、その会社の 美人秘書、絹子と1958年に結婚。その後1959年2月27日に 長女、恵美子を難産の末、出産したが、その後、子供を 産めない身体になった。そのため、恵美子の教育には力を入れて、 小学校、中学でも、英語、数学が得意な元気な娘に育った。 その後、優秀な成績で卒業し都立の名門高校に合格してた。 その都立名門校でも負けず嫌いの性格で猛勉強の得意の数 学を生かし理工学部を目標にし、家からも近い東京工業大学 をめざし合格し、卒業した。その後、完成まもないソニー 橫浜研究所に勤務してパソコンの研究の仕事を与えられた。 そのうち、会社の同期の若者のグループ交際で早稲田大学を 卒業し営業に配属された箕島巌男と会った。偶然に彼の姉・ 路子さんがと同じ東工大出身と言うことで急接近した。  やがて結婚し彼が世界各国を転勤し出世したが激務で身体を 壊し営業から教育研修課へ移動した。その後、奥さんの恵美子が ソニーを退職して義理の姉、路子さんと株投資と投資教室を開いて 次々と成功していき、収益金を世のため人のために施し・・・ と言うストーリーです。なおこの作品は小説家になろうに 重複投稿しています。
24hポイント 142pt
小説 4,628 位 / 53,838件 経済・企業 29 位 / 145件
文字数 36,708 最終更新日 2019.06.04 登録日 2019.05.28
池添家は東京市ので裕福で大きなお屋敷を持っていたが、 戦後、落ちぶれた。その後、母は長女、絹恵を難産の末、 出産したが、その後、子供を産めない身体になった。  そのため、絹恵の教育には力を入れて、フェリス 女学院中学に進み、上智大学英文科を卒業して、 M物産で仕事についた。そして年頃になった頃、 橫浜で不思議な体験をして・・・。 この後は、本編をご覧下さい。
24hポイント 0pt
小説 53,838 位 / 53,838件 経済・企業 145 位 / 145件
文字数 36,126 最終更新日 2019.05.27 登録日 2019.05.19
現代文学 連載中 長編 R15
 1906年に主人公、村下創の祖父、村下一郎が土浦の 郊外の貧しい農家で生まれ、頭も良く、計算が速く、手先が 器用で実家から近い、霞ヶ浦飛行場で海軍飛行予科練習生 (予科練)に入隊し日本発の飛行船の機関士になったが 1924年3月に飛行船の発火爆発事故で亡くなった。 その時、奥さんのお腹の中には、長男の村下敬一がいて、 その年の6月に生まれたが、父と会うことは、できなかった。 その後も、諸般事情で奥さんは、一郎の弟と再婚して6人の 子供を儲けた。村下敬一は父と反対で賢くなく、尋常小学校を 出て農家を手伝いして18歳の時、招集された敵機の攻撃で 太ももに大怪我を負って実家に戻り、21歳の時、近くの農家 の池田絹恵と結婚し、子供を儲けたが貧しい農家、食料 の少ない時代で極度の栄養失調で生まれた長女は、すぐになくなった。 2年後に、再び妊娠し、栄養に気をつけて無事、男の子出産したのが、 主人公の村下創とだった。 その後、実家で暮らすことができないと判断して、上京し、 橫浜で新たな生活をはじめた。その後の村下創の学校時代、 オイルショックと就職など青春時代を克明に書いた物語。  是非、ご覧下さい。
24hポイント 0pt
小説 53,838 位 / 53,838件 現代文学 2,222 位 / 2,222件
文字数 36,844 最終更新日 2019.05.18 登録日 2018.11.17
成宮家は、旧華族の末裔で成宮時達は、成宮家の家訓通り、小さい時 から英才教育で育てられた。小さい頃から、数学が好きになり、 東京帝大工学部で電子工学、電波の研究をした。その頃、戦時色が強く なり、成宮時達は教授のすすめで陸軍・登戸研究所の研究主任となり、 部下の育成と秘密兵器開発を命じられたが、時間切れで終戦を迎えた。 成宮時達は自分の一人っ子の成宮豪気は小さい頃から特徴のない子で アメリカ音楽ばかり聞いて、努力しない、現代っ子でアメリカ音楽 ばかり聞いて、努力しない、現代っ子に育った。その後東京都立大学を 卒業して、埼玉銀行に入社した。仕方なく、次は孫に期待をかけた。 孫が2人出来て、隔世遺伝のためか2人とも優秀で長女は上智大学卒業し UCSDに留学後、アメリカのIBMに就職し、その後ソニーアメリカに 転職した。もう1人の成宮賢は、「目から鼻に抜ける」という感じで優秀 で、期待通り国立高校から東大工学部へ入り、ソニーに入社した。 その後、成宮賢は、ソニーアメリカで仕事を与えられ、ジョブズと運命的 な出会いをした。その後、成宮賢は新製品開発に没頭し、アメリカに来ると ジョブズと食事したり仲良くしていた。成宮賢はジョブズの才能を見抜き、 無名のアップル株を祖父に金を借りて大量に購入した。その後、エンジニア として活躍して、プレイステイション開発にも携わり任天堂との戦いを経て 成功と挫折、立ち直りの経験を積んでいき、ジョブズ亡き後、彼の作った アイフォンがスマートフォンの世界を席巻していった。ジョブズの死後、 仕事に手がつかなくなった成宮賢はどうなっていくか・・・ それは、読んでのお楽しみです。
24hポイント 0pt
小説 53,838 位 / 53,838件 経済・企業 145 位 / 145件
文字数 54,113 最終更新日 2019.04.29 登録日 2019.04.19
東京駅から80km橫浜から70km富士山から48kmにある道山村、 そこで生まれた加藤末吉は、兄弟達が村を離れても、ここの自然が好きで 村を離れず、地元で便利屋として住民につくし地元で結婚した。  ある日のこと、村から8kmの所に高速道路が通り、インターチェンジ ができた。末吉の父、加藤吉宗が将来の村の発展のために、村外から優秀な 村長を探してきて、多くのアイディアを出してもらい、村は発展してきたが 、数年後、その若くて優秀な村長が病に倒れた。 この小説は、カクヨム、アルファポリスの重複投稿しています。  その後、吉宗の長男に、村長を打診し、了解してもらい、高速道路の効果 で増えた村の資産で投資をして、さらに資産を増やし、村の産業界発のため につくし、村の過疎化対策で若い移住者の優遇政策で人口を増やし、 村の若返りにも成功した。  加藤吉宗が亡くなった時に、莫大な個人資産を全て村に寄付し、 更に、村の過疎対策の活動は活発になり、この村の地の利を生かして 発展を続けて行くというストーリー
24hポイント 49pt
小説 8,354 位 / 53,838件 現代文学 131 位 / 2,222件
文字数 34,362 最終更新日 2019.04.20 登録日 2019.04.13
徳川泰平は、埼玉・浦和郊外で農家で生まれたが、 一人っ子で育ったが、将来、何かでかいことをしたい と考えていた。ソロバンが得意で、近くの地元の 名門の商業高校を出て、地元の銀行に就職。 でかいことをするために、金を作る事が先決と、 しっかり、お金を郵便定額貯金やワリコー、 一時払い養老保険などで着実に増やして行った。 父の友人のエリートの高田善平に、一気に稼ぐ 方法はないかと質問すると、1つだけあると言い、それは、 日本株で儲ける事だと教えられ、そのための知識を得るため、 株、為替、商品の本を国会図書館に行き、読み、勉強した。 そんなある日、東京駅で不思議な体験をし、過去の世界へ 飛んだ。それから・・・。 これから、後が、面白いので、是非、読んで下さいね。 なお、この小説をカクヨム、小説家になろうに 重複投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 53,838 位 / 53,838件 歴史・時代 735 位 / 735件
文字数 81,016 最終更新日 2019.04.12 登録日 2019.03.28
1959年・橫浜港が開港した頃、山梨、群馬、長野、埼玉からの生糸が、八王子絹の道を経て、 横浜港に集まるようになった頃、八王子は生糸の一大集積地であり、桑都と呼ばれた。近くの鑓水村には、 鑓水商人と呼ばれた商才に長けた人々がいて、文明開化の夜明け、1859(安政6)年の横浜開港をきっかけに、この地で生産された生糸は、絹の道を通じて横浜へ運ばれ、彼らは鑓水と世界を仲買する役割を 担いました。 その鑓水商人の末裔が、橫浜の生糸商店で成功して、やがて、船でフランスのマルセイユに渡り、 商売を始め、子供、孫、ひ孫達が、活躍して、欧州、米国、日本で貿易をして、大きくなって行った、 歴史を書いた小説です。是非、ご覧下さい。
24hポイント 71pt
小説 6,909 位 / 53,838件 経済・企業 35 位 / 145件
文字数 76,930 最終更新日 2019.03.27 登録日 2018.12.21
1970年代、集団就職列車で、地方の中学卒業した若者が、東京めざして、上京してきた。そうして、 新しい産業の担い手として、金の卵と呼ばれていた。しかし、給料が高いわけでもなく、与えられた、 寮は、決して良い環境とは言えなかった。そんな中で、努力して、ある若者は、定時制高校を出て、 専門職に就いたり、稀に、雇い主が、できた方で定時制高校卒業して、優秀な学生を大学の夜学や、 更に超優秀な人は、有名大学に入って、社長の後を継ぐケースもあった様だ。この小説は、 そういう若者の東京へ出て来たからの人生模様を描いてみたので、是非、ご一読いただきたい。
24hポイント 0pt
小説 53,838 位 / 53,838件 歴史・時代 735 位 / 735件
文字数 138,076 最終更新日 2019.03.13 登録日 2019.02.18
川越の廻船問屋の末裔の塚田守は、先祖の富のため、何不自由ない生活をして、小さいときから、 英才教育を受けで、成績も良く、東大工学部電子工学科に入学して、来たるべき時代の先駆者と なるべく勉強していたが、大学4年の時に突如、強烈な頭痛に襲われ、精密検査を受けると、 小さな脳腫瘍が見つかり、当時、始まったばかりの放射線照射療法で、その腫瘍を小さくして、 治療しようと言うことになり、毎年1回、放射線を患部に照射し、その後、腫瘍の大きさを 調べて、3回目で小さくなり、症状が出なくなった。しかし、寝てるときに、変な夢を見るように なった。その後、数奇な運命に翻弄されながらも、自分の行きたい所へ、行き、ゆっくりとした 生活を夢見ていく。
24hポイント 0pt
小説 53,838 位 / 53,838件 歴史・時代 735 位 / 735件
文字数 41,684 最終更新日 2019.02.17 登録日 2019.01.29
北関東の豪農の息子として生まれた石津健之助は、戦争直後も食べるものにも困らず、 優秀な成績で地元高校卒業し、慶応大学商学部を卒業、製薬企業のプロパーとなった。 ハンサムな容貌と、人なつっこい笑顔、話し上手で、病院の先生にも、ナースにも、 すこぶる評判が良く、地方転勤して、山間部に出張に出かけ、当初、ホテルに泊まって いたが、地元の女性の家に呼ばれるようになり、外勤手当、出張手当が浮き、貯金し 金を貯めた。もちろん営業成績も良く、どんどん出世していき、仲良くなったナース と結婚した。しかし、早朝から夜遅くまでの外勤で、知らず知らずのうちに、 過労が身体をむしばんでいき、信州で冬の朝、早朝訪問に出かける前、玄関先で 倒れた。診察受けた医師から休養を命じられ、失意のうちに退職し、熱海に移り住み 、仲間ができ、マンションでの友人もでき、思いも寄らない形で富を得て、投資を 開始、海外旅行、クルーズと人生を楽しみ、ポルトガルの「ゴールデン・ビザ」を しって、ポルトガルを旅すると、その地での、ゆっくりとした時の動きに感激し 長期滞在するようになった。友人、後輩にも紹介すると、喜ばれた。 しかし2018年、2019年と予期せぬ、世界情勢の変化での翻弄された。
24hポイント 0pt
小説 53,838 位 / 53,838件 経済・企業 145 位 / 145件
文字数 111,311 最終更新日 2019.02.09 登録日 2019.01.20
 営業所での勉強会の司会をしている最中に強度の、 めまい発作で倒れて、外勤できなければ、辞めてもらう と会社から、遠回しに言われて、上司の助けも得られず、 不本意ながら早期退職を余儀なくされて、人生の悲哀を 感じた。ちょっと前に、橫浜で一戸建ての新居を購入し、 大学に通う子供がいて、財政破綻の可能性が高い、 病気が治癒していき、その現実が襲いかかい、愕然 としたが、そこから、生きていくための、新たな 戦いの日々が始まった。その詳細については、 この小説をご覧下さい。宜しくお願いします。
24hポイント 71pt
小説 6,909 位 / 53,838件 経済・企業 35 位 / 145件
文字数 20,504 最終更新日 2019.01.19 登録日 2019.01.16
村下創は長野県の業績を10年に2倍にして東京の多摩営業所に 転勤になり、多摩営業所で業績が伸びなくて困っている山梨県の 立て直しを託された。しかし、赴任した、多摩営業所は、問題 山積だった。そこで、巻き起こる、数々の事件を解決して行く、 その後、訳あって、古巣の橫浜営業所の業績、建て直しのため 転勤し、大阪から来た個性的な新所長ととの絡み合いで・・・。 後は、是非、ご覧いただいて、楽しんで下さい。  
24hポイント 0pt
小説 53,838 位 / 53,838件 経済・企業 145 位 / 145件
文字数 22,699 最終更新日 2019.01.15 登録日 2018.10.18
村下創は新潟県から同じ新潟営業所担当の長野県の 責任者を命ぜられて、転勤していく。そこでは思いも よらないコンピュータの医療への応用の黎明期であり、 その仕事を介して大学に食い込み、県内の基幹病院や 派遣の先生に食い込んで行き、業績を伸ばしていく。 仕事だけでなく、プライベートに巻き起こる出来事、 赴任地の仲間との交流の話など、盛りだくさん。 是非、ご覧下さい。
24hポイント 0pt
小説 53,838 位 / 53,838件 経済・企業 145 位 / 145件
文字数 40,151 最終更新日 2019.01.10 登録日 2018.10.17
35 12