葉月だんご

葉月だんご

脳内でお花畑を経営しています
3
 ──勇者と愉快な(?)仲間たちの旅の道中。 「天使か────ッ!!!!!」 「あぁぁぁぁぁあカワイイぃぃぃぃぃ」  今日も聞こえるのはモンスターの断末魔──……ではなく勇者一行の心の叫び。    ◇◆◇ ちょうど1年前にpixivで公開していた短編『パーティーメンバーが勇者を可愛がる話。』のリメイクです。 反応がないまま1年が過ぎようとしているのでこの場で供養。 もとは応募作品で「元気な天使っぽい勇者」がテーマでした。
24hポイント 0pt
小説 87,337 位 / 87,337件 ファンタジー 24,933 位 / 24,933件
文字数 3,070 最終更新日 2020.11.15 登録日 2020.11.15
現代文学 連載中 ショートショート
◆桜舞う卒業式後の校舎裏、同級生の藍に告白した紀絲は、晴れて彼と付き合うことに。だが幸せな日々は長くは続かず、紀絲は交通事故で記憶喪失になってしまう。藍は彼女が自分のことを何一つ覚えていないと理解しながらも彼女に寄り添う。『春』ほか ◆迷い込んだ屋敷で、野良猫は物書き・肇と出会う。書きあぐねていた彼は猫との出会いを文字に綴り、一躍有名作家となる。元野良猫・みゃーこと肇のほのぼの日常物語。『晴』ほか ◆田舎を訪れた翔太が車窓から見たのは、白いワンピースに身を包んだ少女だった。名も連絡先も知らない彼女と一夏を過ごすうち、彼の中に新しい感情が芽生える。数年の時を経て再び会いたいと願った翔太は、カメラを片手に彼女の面影を求める。『窓』ほか ◆真っ白な原稿用紙を抱え出版社へ向かった山田は、愛猫との実話を基にした小説で話題となった小説家の肇に出会う。彼の諦めない姿勢や過去の話に心を打たれ勇気付けられた山田は、ペンを手に取る。『繋』ほか ◇ただスコアを稼ぐためだけに制作した小説短編集です。仄暗い話と明るい話は半々です。ときどき意味不明な文章もありますがおそらく作者のもとより少ない語彙力が半分以下になっているときに執筆したものでしょう。あまり内容の充実を求めないほうが身のためかもです。大抵の物語を深夜に執筆しているので、後公開時間は朝ですが深夜テンションですごめんなさい ◇更新は不定期、文字数は一話につき1000字以内です。暇な時間に、気軽に読めるように……というのは建前で、実際のところ壮大なストーリーを書くのが苦手だからです(-_-;) ◇ネタ切れによりTwitterに既出済みの画像+αのssも追加しました。 ◇一部【※腐向け】と表記されたものがあります。BLが苦手な方はお気を付けください お気に入り、コメントよろしくお願いします♪
24hポイント 49pt
小説 9,631 位 / 87,337件 現代文学 104 位 / 3,997件
文字数 66,174 最終更新日 2020.07.25 登録日 2019.10.11
私と妹の毎日は、戦争。 二人の妹との日常を綴ります。 ※母の小話も入ります。
24hポイント 106pt
小説 6,357 位 / 87,337件 エッセイ・ノンフィクション 90 位 / 3,060件
文字数 32,571 最終更新日 2020.05.23 登録日 2018.02.14
3