takosuke3

takosuke3

『小説家になろう』出身のヒキヲタでございます。温かくても冷たくても、どうか見守ってやってください・・・・・
5
"プラナダ"と呼ばれるその惑星には、太古の超文明の遺跡が点在している。その発掘調査を生業とするソーディス一家の一員であるレイヤは、海底で眠る巨大沈没船に足を踏み入れ、その最奥にて眠っていた白い少女━━あるいは少年━━を発見し、覚醒させる。 太古の生き証人である少女は、ソーディス一家にとっては宝の地図も同然。強大で埒外な力、完全で異質な肉体、現在とは異なる知識常識━━その存在に戸惑いつつも、少女の案内で遺跡を目指すソーディス一家だったが・・・・・ 〈2019年2月3日告知〉 本日より、連載を開始します。 更新は不定期になりますが、可能な限り週イチを心掛けるつもりです。 長い目と広い心でもってお付き合いください・・・・ 〈2019年8月19日告知〉 本日の更新をもちまして、本編は完結と致します。 以降は人物紹介を掲載していきます 〈2019年8月27日告知〉 本日の更新をもちまして、完結タグに切り替えます。 短い間でしたが、拙作にお付き合い下さり、ありがとうございました
24hポイント 0pt
小説 59,180 位 / 59,180件 ファンタジー 19,107 位 / 19,107件
文字数 76,258 最終更新日 2019.08.27 登録日 2019.02.03
名前以外思い出せない奇妙な少女。 天国から来たと嘯く奇妙な女。 奇妙な路線を進む、奇妙な列車 そんな奇妙な旅の物語。 <2018年11月30日告知> 第二回キャラ文芸大賞参加のため、本日より掲載します。 短編な上に週イチのカメ更新ですが、よろしくお願いします。 あと、気づいた点等がありましたら、ご指摘お願いします。
24hポイント 0pt
小説 59,180 位 / 59,180件 キャラ文芸 1,414 位 / 1,414件
文字数 11,653 最終更新日 2018.12.28 登録日 2018.11.30
〝出来損ない〟の烙印を押されたアレクシアの日々は、不遇の一言だった。挙句、彼女を虐げる者によって濡れ衣を着せられ、死刑宣告を受ける。 絶望の中で与えられた法具の転移術式によって難を逃れるも、アレクシアが飛ばされたのは敵国にして未知の只中だった。 未知の言葉、未知の文化、未知の文明、未知の価値観──それらを知っていく中で、アレクシアの閉ざされていた世界は、大きく広がっていく。 <2018年8月1日告知> 本日より、連載を開始します。 今作は、可能な限り短い間隔での更新に挑戦します。だいぶ粗が目立つと思いますので、気づいた点がございましたらご指摘をお願いします。 <2018年8月29日告知> 本日の更新で本編は完結いたします。以降は主な登場人物の紹介と補足を掲載していきます。 <2018年9月6日告知> 本日の更新をもちまして、当作品は完結といたします。短い間でしたが、お付き合いくださりありがとうございました。 なお、第11回ファンタジー小説大賞に応募しておりますので、よろしければ温かいご一票を・・・・・
24hポイント 0pt
小説 59,180 位 / 59,180件 ファンタジー 19,107 位 / 19,107件
文字数 74,691 最終更新日 2018.09.06 登録日 2018.08.01
 フォルセア大陸の辺境にあるサルベル村で、地震が起こる。原因は裏山にある、遺跡の稼働だった。  遺跡を遊び場にしている村の少女ラヴィと、ラヴィの姉貴分であるサクラが、詳しい原因を調べるために遺跡に向かう。その奥で目にしたのは、黒い機械の巨人と、サクラ達とは異なる言葉を使う奇妙な少年だった・・・・・。 <2018年1月1日告知> 『小説家になろう!』に掲載していた作品を、加筆修正してこちらに連載します。比較による評価や感想も欲しいので、『小説家になろう!』の作品も外部URLとして投稿しておきます。 基本的に、毎週月曜日の周イチとカメ更新ですが、長い目でお付き合いいただければ・・・・・ <2018年7月24日告知> 本日の更新を持ちまして、本編は完結とさせていただきます。以降は、主要キャラクターの紹介を兼ねた補足を掲載していきます <2018年7月31日告知> 本日の更新を持ちまして、完結タグに切り替えました。約半年間おつきあいくださりありがとうございました。
24hポイント 7pt
小説 15,788 位 / 59,180件 ファンタジー 4,286 位 / 19,107件
文字数 115,841 最終更新日 2018.07.31 登録日 2018.01.01
 フォルセア大陸の辺境にあるサルベル村で、地震が起こる。原因は裏山にある遺跡の稼働だった。  詳しい原因調査のため、そこを遊び場にしている村の少女ラヴィと、ラヴィの姉貴分であるサクラが、遺跡に向かう。その奥で目にしたのは、黒い機械の巨人と、サクラ達とは異なる言葉を使う奇妙な少年だった・・・・・。 <2017年12月9日告知> 『小説家になろう』様より、外部URL登録という形でこちらに投稿しました。 よろしくお願いします
24hポイント 0pt
小説 19,519 位 / 19,519件 ファンタジー 7,564 位 / 7,564件
登録日 2017.12.09
5