道を極める

“帽子一筋30年”唯一無二を届けるデザイナー

2017.10.17 公式 道を極める 第30回 glico(天野裕子)さん

「帽子」と「笑顔」に助けられ、ブランドを立ち上げ再出発

glico氏:突然の買収とポジションクローズ。他のブランドを手がける気にもならず、本当にしばらくは何も手につきませんでした。デザイナーとしての生きがいが突然奪われ、目の前が真っ暗になったような感覚でしたね。このころ、家族以外には特に公にブランドのデザインを手がけていることは伝えていなかったので、誰にも悩みを打ち明けられないのも苦しいものでした。

そんなことがあって、2〜3年は、一切帽子とは関わらなかったんです。ずっと走り続けてきて疲れていたのかもしれません。ただ、結果的にこの“休養”が、それまで考えもしなかった、新しい世界へと私を引っ張ってくれたように思います。2〜3年休んでいたものの、帽子への愛が消えたわけではありませんでした。それどころか、だんだんと帽子への創作欲求が溢れてきたんです。それで少しずつ、自分の好きな帽子を作っていました。

――誰から依頼されたものでもなく、自分の“好き”に向き合ってみた。

glico氏:ただただ、自分の好きな1900年代のクラシカルな帽子ばかりを作っていました(笑)。ところが、そうした自分の状況を知った友人が、せっかくだから展示会を開いてはどうか、と提案してくれたんです。サン=ローラン時代と同じく2シーズン、作った帽子を展示会で並べると好評判をいただき、そこから個人のお客さまから注文をいただくようになりました。

それまで、個人向けの帽子ではなく、あくまでブランドの帽子デザイナーとして、帽子文化全体に目を向けていたつもりでした。ところが、自分が手がけた帽子を目の前でお客さまが被って喜んでいただける。これはブランドのプレタ時代には感じられない、新鮮な出来事でした。そうして、徐々に皆さんの笑顔から、再び帽子デザイナーとしての道を見出し、帽子通販ブランド「WAGANSE」として新たな道で再出発することになったんです。

「WAGANSE=和顔施」
笑顔を届ける帽子づくりの挑戦と未来

――紆余曲折の中で、「好き」という気持ちを絶やさずに歩み続けてきました。

glico氏:やはり、その「好き」という気持ちの根源には、帽子を被った皆さまからのリアクション=「笑顔」がある。それが自分にとっての喜びだと気がついたんです。WAGANSEのブランド名であり店名の由来にもなった「和顔施(わがんせ)」は、相手を尊重し、大切にする心を表す「無財の七施」のうちの一つ「相手を想いやる笑顔で優しく接する」という意味をもつ仏教用語です。「帽子をとおして人々を笑顔にしたい」。その想いの究極の形が、ここ麻布十番のお店なんです。

帽子デザイナーを目指してこの世界に飛び込んだ時も、ブランドのプレタ時代の時も、このような形で、直に触れ合える帽子づくりができるようになるとは思ってもいませんでした。すべてを「楽しかった」のひと言で済ませられませんが、好きという気持ちを持ち続けることで新しい景色が見えてきますし、好きな道を歩む中で塞がった時に、予想外の「次の一手」に繋がったのだと、今は思います。

――glicoさんの「次の一手」、新しい挑戦もはじまったばかり。

glico氏:もっともっと、帽子世界の深い部分まで関わっていきたいですね。それには、まだまだ学ばなければならないことがたくさんあります。服を見ても、自然の景色を見ても、そこから得られる帽子づくりのヒントはたくさんありますから、辞めない限り終わりもありません。ちょうど今月は広島の百貨店で催事もあり、そこでは秋冬物の新作だけでなく、私の好きなヴィクトリア時代を感じさせる、華やかで貴重なコレクションも展示します。帽子そのものの歴史、もう一度原点を探りながら、そうした時代物の帽子を自分の解釈でアレンジ、表現していくのも、新しい挑戦のひとつだと思っています。

さらに帽子デザイナーとして、今まで以上に帽子の素晴らしさ、世界にひとつだけのオーダーメイドハット文化を広げていきたいと思っています。ファッションは自分を表現できるものであり、その中でも帽子は最終の仕上げとなるものです。帽子から服を選ばれる方もいるくらい、帽子は大切なアイテムです。WAGANSE(和顔施)の名の通り、被った人が笑顔になる帽子を、これからも私自身、笑顔とともにお届けしていきたいと思います。

ご感想はこちら

プロフィール

アルファポリスビジネス編集部
アルファポリスビジネス編集部

アルファポリスビジネス編集部は厳選した人物にインタビュー取材を行うもので、日本や世界に大きく影響を与える「道」を追求する人物をクローズアップし、その人物の現在だけでなく、過去も未来の展望もインタビュー形式で解き明かしていく主旨である。編集部独自の人選で行うインタビュー企画は、多くの人が知っている人物から、あまり知られることはなくとも1つの「道」で活躍する人物だけをピックアップし、その人物の本当の素晴らしさや面白さを紐解いていく。

出版をご希望の方へ