過去の自分を振り返る人だけが成功する理由

不安になったとき、前に進む勇気を得る方法

Getty Images

誰しも望む未来があります。しかし、その未来を実現できる人は、ひとにぎりだと考えていませんか? そんなことはありません。未来の自分を変えるヒントは、あなた自身の中にあるのです。過去に「目をつけ」「掘り下げて」「引き出す」。このプロセスの繰り返しが、あなたの未来を大きく変えるのです。ここでは、自分自身を「振り返る」ことで見えてくる、あなたが望む未来の導き出し方を紹介していきます。そう、あなたの過去は宝の山なのです。 

振り返るから元気になる

振り返りは、決して後ろ向きなことではないと述べてきたわけですが、ここではむしろ、振り返るから元気になるということをお伝えします。
もしも飛び込み営業をしている人ならば、常に未知のお客さまを開拓していかなければなりません。常に前を向き飛び込もうとしていきます。

「でも、話を聞いてくれるだろうか……」
「話を聞いてくれても、商談になるだろうか……」

未来のことはわからない。わからないから不安になって、目の前の未来に対して不安が立ちふさがり、動けなくなってしまいます。これは飛び込み営業に限った話ではありません。
転職しようか。独立しようか。告白しようか。
勇気を持ってチャレンジしなければならないときに、誰もが感じる不安です。そのときに前に進む勇気を得るために、振り返るのです。

振り返りは反動をつけて前に飛び出すようなものです。これまで生きてきた時間の中で、勇気を持ってチャレンジしたことを振り返ってみましょう。過去の小さなチャレンジをどんどん探していきます。
すると、いくつものチャレンジの実績が発見できます。未来の不安に対しては、「過去の実績」があなたを勇気づけてくれます。

「実績があればなあ……」と思ったとき

実績はあなたを支えてくれます。
そうはいっても、初めての仕事では実績がありません。たとえば独立開業したての会計士も、コーチも、実績がありません。周りを見回せば、歴史のある会社があり、数々の実績を誇る同業者がいる。
途端に不安になってしまいます。

「実績がないと、信用されないよなあ……」

実績は、大いに力になります。しかし、初めは誰でも実績がないのです。そんなときにはどうしたらよいでしょうか。

「熱意を示す」ことです。

どれだけ熱意を持って仕事をするのか。どれだけ誠意を持ってサービスを提供するか。それをしっかりと相手に伝えるのです。

「でも、その勇気が出ません……」

実績がないことに意識が向かいすぎて、自信を失っているのです。こんなときこそ振り返りが必要です。これから始めるサービスについての実績はないかもしれません。しかし、そのサービスを始めるに至った動機は何だったのでしょうか。

取り扱っている商品やサービスによって救われた体験とか、一人でも多くの困っている方を助けたいと思うに至った体験とか、きっかけがあったはずです。そのきっかけとなった出来事を思い出して下さい。
過去においてその仕事を選んだ決意を思い出して下さい。あなたはその思いを胸に秘めて決断したのです。
あなたの現在の行動は、過去の行動の結果なのです。原点となる出来事や体験、思いや感動をしっかりと思い出して味わってみて下さい。

実績がない段階では、原点となる「熱い気持ち」を思い出し、その熱意を伝えようとすればいいのです。

自信をもてる

新しいことを始めたばかりのときには、誰でも実績がありません。しかし、地道に活動を続けていけば、やがて実績が積み重なっていきます。
地道な努力を重ね、継続していけば、自然と実績はついてくるのです。

しかし、前進すればするほど、その先の風景が見えてきます。山を一つ越えれば、その先の山が見えてしまうのです。前へ、前へと進めば進むほど、もっと大きな目標が見えてきます。これまでに達成してきたことが、ちっぽけに見えてしまう。そうすると、急に不安になってきます。

「まだまだだ……。ちっとも進んでいない……」

誰もがこんな風に立ちすくんでしまいます。始めたばかりの頃は「実績がないからダメだ」と思い、実績がついてきたら、「まだまだダメだ」と自己否定する。いつになったら安心できるのでしょうか。答えは、
「いつになっても安心できる日は来ない」
です。しかし、同時に、
「いつでも安心することはできる。振り返ることさえできれば」
なのです。

私たちは努力する限り、上を見ればきりがありません。下を見ても同じくきりがありません。やってきたことそのままを受け止めるのです。それ以上でもなければ、それ以下でもない、あるがままの実績を受け入れることができたとき、心は安定します。

虚勢を張ることなく、強みも弱みも受け入れることができるまで、しっかりと振り返りましょう。


藤由達藏「過去の自分を振り返る人だけが成功する理由」書籍の詳細はこちら

ご感想はこちら

プロフィール

藤由達藏
藤由達藏

1991年早稲田大学卒業後、文具・オフィス家具メーカーPLUSに入社。営業職、本部企画職、全プラス労働組合中央執行委員長等を経て、2013年9月に独立。コーチングを核に、各種心理技法や武術、ヘミシンク、労働組合、文芸・美術・音楽創作等の経験を統合し、「気分と視座の転換」を重視した夢実現応援対話技法を確立。2016年9月、株式会社Gonmatusを設立。夢実現応援家®を養成し、全国のビジネスパーソンの夢実現を応援している。

著書

過去の自分を振り返る人だけが成功する理由

「過去の自分は宝の山である」をキーワードに、自分自身を振り返ることで、未来の成功を手に入れることができるという事実とノウハウをわかりやすく解説し...
ピックアップブログ推薦 出版をご希望の方へ

公式連載