今どきの若手の育て方

「上昇志向が弱い」今どきの若者に、
「競争」なんて意味がない理由

2019.05.30 公式 今どきの若手の育て方 第4回

「今どきの若手の育て方」より

「自分のやりたいこと」が一番

ところが、バブルがはじけ、21世紀に入りリーマンショックに見舞われ、大きな会社であれば安心できるという時代ではなくなりました。
また、リストラによる人員削減や労働形態、働き方や収入など、世の中のすべてが劇的に変化しました。従来、「勝ち組」と言われた人が今も幸せかというと、必ずしもそうではありません。
リストラの憂き目にあった家庭もあれば、転勤によって家族が離ればなれになってしまった家庭もあることでしょう。世相から家庭、収入や働き方まで、今の若手は世の中の流れをよく見ています。
彼らの感性で今の世の中を把握した結果、誰かと競争して勝つ人生よりも、自分が本当にやりたいことを見つけ、それを実現する人生のほうが幸せなのではないかという考えが強くなってきたのです。

例えば親に、子どもに就いて欲しい職業を聞いても、「子どもがやりたいことをやって欲しい」という回答が増えています。家庭においても、子どもの幸せを考えたときに、人との競争から生まれる成果よりも、自分がやりたいことを突き詰めて得られる成果に価値がある、という価値観に移ったということです。
学校でも、運動会の徒競走では優劣をつくらず、皆同時にゴールするところもあったようです。
このような環境で育った若手にとって、一番大事なことは、自身がやりたいことを思う存分やって、そこで一番になるということなのです。
まずはその考え方を理解するところからはじめましょう。

次回に続く


石田祐一郎「今どきの若手の育て方」書籍の詳細はこちら

ご感想はこちら

プロフィール

石田祐一郎
石田祐一郎

株式会社GO FRONTIER代表取締役。大学卒業後、婦人服アパレル企業に就職。いちスタッフから数店舗の店長を経て、マネージャーとして全国を回る。その後、課長に抜擢。ブランド存続の危機の中で、社員一丸となって業績を挽回。さらに商品部長を経て取締役営業部長となり、全社の古い企業体質を改善。退職後はコーチング、アドラー心理学、メンタルケアを学び、プロコーチとして独立。現在は年間150回以上登壇し、成果が出るマネジメントとコミュニケーションのコツを全国で伝えている。

著書

今どきの若手の育て方

今どきの若手の育て方

「今の若手はやる気がない」「すぐに会社を辞めてしまう」「いくら教育しても育たない」――。いわゆる「ミレニアル世代」と呼ばれる若手の育成に悩むリー...
出版をご希望の方へ