そろそろ『わたし』でいきていく

嫌いな自分がす~っと消えて、心がラクになる生き方

Getty Images

人生を変える、とっておきの魔法

私たちは「もっと⾃分に厳しく」「⾟く当たらなければ変われない」と無⾃覚に思い込んでいます。

本当でしょうか?
そのやり⽅は⻑年やってきた、充分に慣れ親しんだやり⽅です。慣れ親しんだやり⽅にはいつでも戻ることができるからこそ、そろそろ違う⽅法を試してみてもいいのではないでしょうか。

チョコレートのたとえも「北⾵と太陽」もキーワードは「暖かいゆるし」です。

これが⼈⽣を変える魔法です。

魔法はいまの⾃分を「ゆるす」ことから始まります。
しかし、この魔法を使うには恐れを乗り越える勇気が必要です。

・予定通りにコトが進まない⾃分を「そういう時もある」とゆるす
・⼦どもの頃からの悪いクセがなくならない⾃分を「必要だったから使っていたんだもの。すぐにはなくならないよね」とゆるす
・どうせ⾃分を好きになれやしないと感じる⾃分を「⼈は完璧にはならない」とゆるす

ゆるすことはいまの⾃分を認めてあげること。⾃分が⾃分を受け⼊れることです。
受け⼊れてしまったら、イヤな⾃分がのさばりそうで怖いですよね。でも、違うんです。
認めたものは変えていくことができるのです。

思い描いていた⾃分とは違ういまの「わたし」をゆるしてあげてください。あなたはずーっとがんばってきたはずです。それは「よくやってきたね!」と労ってあげるに値するがんばりだったはずです。

自分を丁寧に扱い、「好きな自分」で生きる

いまの「わたし」を⾃分で受け⼊れると魔法が効き始めます。
妙な⼒みがすーっと抜けて、ラクになっていきます。「こんなはずじゃない」「違う」といった⾃分を否定する⾔葉が不要になります。

代わりに「仕⽅ない……」とガックリ肩を落とす⽅もいらっしゃるかもしれませんが、それは弱さではありません。事実に直⾯して受け⼊れることができるのは、あなたの強さです。
その強さが、人生を変える魔法をさらに強⼒にしていきます。

いまの「わたし」をゆるしたあなたに質問です。ぜひ、ノートに書いてみてください。
いまの⾃分を十分受け⼊れたら「さて、あなたはどう在りたい?」
そして「あなたが思い描く〝こんな⾃分が好き〟と思える瞬間を⼈⽣に増やすには何をやる?」

書き出したことは、以前と変わらないことかもしれません。
しかし、たとえやることは同じでも、⼼持ちがまったく違うことに驚かれるはずです。何かに駆り⽴てられるような気分から、地に⾜がついたような、どっしりとした気分でいられる新しい⾃分に出会えます。

北⾵で冷たく当たっていた⾃分から、太陽の暖かさで接する⾃分への変化を始めてみましょう。
少しでも何かを変えれば未来は必ず変わり始めます。それは⾃分との絆作りです。時間がかかるかもしれませんが、それさえもゆるせるようになります。

ひとつひとつ丁寧に⾃分に取り組んでいくと、確実に⾃分との関係性がよくなり、「こんな⾃分が好き」と思える⾃分に出会える時間はどんどん増えていきます。

私たちは⾃分を癒やし、⾃分を⼒づけ、⾃分の⼈⽣を選び直すことができます。始めるのに遅いことはありません。

城ノ石ゆかり「そろそろ『わたし』でいきていく~今日から自分を好きになるために~」書籍の詳細はこちら

 

ご感想はこちら

プロフィール

城ノ石ゆかり
城ノ石ゆかり

1968年熊本生まれ。
株式会社ngoro-ngoro代表取締役社長。
日本心理学会 認定心理士。「4ness コーピング」主宰。
20歳の時に大学を中退して世界中を放浪。帰国後は心理学を学びながら、エステティックサロンの世界へ。98年に株式会社ngoro-ngoroを創業、設立。2万人を超える女性のサポートの経験から、認知行動療法をベースとした「4nessコーピング」を開発した。
「4nessコーピング」講座は「号泣するセミナー」として話題を呼び、受講生には有名企業の社長や起業家らも名を連ねる。個人セッションの予約は現在1年半待ち。
著書に『怒りが消えれば、やせられる コーピング・ダイエット』(きずな出版)、『未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する』(実業之日本社)、『マンガでわかる
仕事もプライベートもうまくいく感情のしくみ』(監修:城ノ石ゆかり、作画:今谷鉄柱/実業之日本社)がある。

[4nessコーピング]
https://4ness.com

[城ノ石ゆかりオフィシャルサイト]
https://jounosekiyukari.com

著書

そろそろ『わたし』でいきていく

そろそろ『わたし』でいきていく

「思い描いていた自分と違う」「自分と他人を比べて苦しくなる」「がんばっても報われない」「すべてリセットして消えたくなる」……そんな息苦しさを感じ...
出版をご希望の方へ