桜色の髪飾り

給仕に憧れ、屋敷に努める鷹華(ようか)。
ミスをしてしまうことがあるが、いつも仕事に力を入れている。
そんなある日の出来事です。


※こちらは『虚構少女シナリオコンテスト』の応募作品です。
 詳細は( https://kyokou.alphagames.co.jp/prize/ )

 以下は上のサイトのを少し引用をさせてもらっています。
 本作品を読むのにあたり、あらかじめ読んでいただけるとさらに楽しめると思います。

■世界観
舞台は動植物が絶滅し、資源が枯渇し、海も枯れた世界。
荒廃した世界で娯楽を求めた人類は五感を「錯覚」させる装置『E.G.O』を開発した。

ある日、突如『E.G.O』が機能を停止した。
その原因を探るべく、兵器データと、
かつて実在した人間の少女人格データを融合させた
『仮想兵器』とともに立ち上がる!

■仮想兵器とは
『兵器のデータ』と『かつて実在した人間の少女のデータ』を融合し作り出された兵器。
自我を持ち、迫り来る敵と戦う。
兵器との融合の際に、人間であったときの記憶の大半を失っているが、
一部をおぼろげながら覚えている。
そのため、サイボーグなどとは異なり、口調、振る舞い、性格に個性がある。

ゲーム中に登場するキーアイテムを使用することで、
人間であったときの記憶を垣間見ることができる。
24hポイント 14pt
小説 8,859 位 / 36,000件 恋愛 2,820 位 / 8,416件