白の無才

高校生の羽島悠は『才能』を欲していた。

人は誰しも、何らかの才能を持って生まれてくる。
しかし、自分がどんな才能を持っているのか自覚しているものは少ない。

悠もその一人だった。

悠は自分の才能が何なのか、そんなことを考えながら毎日を過ごしていた。

そんな時、悠のクラスに転入してくるという少女に遭う。
彼女は悠に対し「私は才能が欲しい」と話し出す。

彼らは自分の「才能」を見つけ出すため、共に様々なことに挑戦していく。

——友情あり、恋愛あり、葛藤ありの青春ストーリー。
24hポイント 0pt
小説 57,341 位 / 57,341件 青春 2,934 位 / 2,934件