巣ごもりオメガは後宮にひそむ

後宮で幼馴染でもあるラナ姫の護衛をしているミシュアルは、つがいがいないのに、すでに契約がすんでいる体であるという判定を受けたオメガ。
発情期はあるものの、つがいが誰なのか、いつつがいの契約がなされたのかは本人もわからない。
そんななか、気になる匂いの落とし物を後宮で拾うようになる。

第9回BL小説大賞にて奨励賞受賞しました。ありがとうございます。

※ムーンライトノベルズにも掲載中
24hポイント 142pt
小説 7,912 位 / 143,960件 BL 1,649 位 / 16,425件