嗤うゴシックロリータ

それは、落ちこぼれ少女の復讐の物語。
少年がそれに気づいたとき初めて少女を愛おしくおもった。力になりたいと願った。何故ならば、自分も同じだったから。

世界がこの世ならざるものを無視し、存在を否定しても、それは確実にそこにあった。
だからこそ彼女たちもそこに存在する。
だがそれが黒衣に身をまとった世界の守護神なのか、あるいは破滅を望む小悪魔なのか、今はまだ誰にもわからない。

言えることは、ただひとつ。
「世界を信用するな」
24hポイント 0pt
小説 67,908 位 / 67,908件 ファンタジー 20,615 位 / 20,615件