がきあみ ―閻魔大王がわたしたちに運命のいたずらをした―

「香蘭ちゃん、好きだよ。ぼくが救ってあげられたらいいのに……」

クラスメイトの宝君は、告白してくれた直後に、わたしの前から姿を消した。
「有若宝なんてヤツ、知らねぇし」
誰も宝君を、覚えていない。


そして、土車に乗ったミイラがあらわれた……。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

『小栗判官』をご存知ですか?
説経節としても有名な、紀州、熊野古道にまつわる伝説です。
『小栗判官』には色々な筋の話が伝わっていますが、そのひとつをオマージュしてファンタジーをつくりました。
主人公は小学六年生――。



*エブリスタにも投稿しています。
*小学生にも理解できる表現を目指しています。
*話の性質上、実在する地名や史跡が出てきますが、すべてフィクションです。実在の人物、団体、場所とは一切関係ありません。

24hポイント 0pt
小説 48,558 位 / 48,558件 児童書・童話 870 位 / 870件