リヴァイアサンで待っている

 彼氏もいない、好きな人もいない、だけど高校生の内に一度くらいは恋愛してみたい――と思っていた南理子十七歳に、奇跡のような出会いが訪れた。突然の夕立に遭い、公園の木の下で雨宿りをしていた南の前に差し出された男物の傘。「使って、返さなくていいから」そう言って眼の前に立っていたのは、優しそうな男の人。彼は戸惑う南を残して立ち去った。彼との再会を願う南は翌日から公園に通い詰めるのだが――
 ひと夏の、期間限定の恋物語。八月三十日、夏の終わりに彼の隠された秘密を知る。


*ブログにて先行公開中。
24hポイント 56pt
小説 6,843 位 / 57,368件 ライト文芸 140 位 / 2,344件