鬼っ子

薄暗い薄気味の悪い話を書いてみました。

春を告げる節分が過ぎると返ってこの村は寒さが一気に厳しくなる。
シベリアからの寒気団が海を越えて流れ込んでくるから。
そして雲は山にぶつかって、麓のこの村にたくさん雪を降らせて。
強い北風が山をくだり谷に吹き降ろしてくるときに大きな風の音をたてる。
ときに、獣が狂おしく吼えるような。
ときに、人が寒さに耐え切れずに嘆くような。
ときに、か細い声でおんながさめざめと泣くような。

こんな吹雪の夜には。

民話、昔話風の出だしからなんとも気色の悪い世界が展開いたします。
24hポイント 0pt
小説 51,119 位 / 51,119件 ホラー 1,998 位 / 1,998件